モノクロームな時間の風景

2004年11月05日
ブログ開設以来
街のちょっとした風景を撮影する機会が増えた。しかし同時に携帯のカメラ機能に対する不満も増えてきて困っている。シャッターは微妙な間がありすぐブレるし、シャッター速度も変えられない。デジタルカメラというものを持っていない私は最近つくづく思う。

本格的な

デジカメが欲しい〜!

とはいえ、
「ここいいなぁ!」と思った瞬間、ポケットからサッと出せる手軽さにもまだまだそれなりの価値がある。
“いつでも手軽に”…なにかのキャッチコピーのようだが、その価値はやはり大きい。

   −・−・−・−・−

メモリーに収めた一枚
そのなにげない街の風景に今日はちょっと手を加えてみた。空の色、その下に映える花の色に誘われ写した写真の色を削ぎ落とす。

モノクロームの路地 山茶花を
  見上げ誘われ
   迷宮路

ここは世田谷区経堂の路地である。
ふと見上げると澄み切った青空にサザンカが光っていた。その花に誘われて寄り道をしていたのだが、少しずつ曲がる路地はいつしか方向感覚を奪っていく。不安になり足を止めた。

タクシーも出られなくなるという、東京都世田谷区の迷宮の地。不安になり来た道を戻ろうとしたが携帯を出して風景を収めた。二度と来れそうもないし。

   −・−・−・−・−

モノクロームの世界
それにしても随分と雰囲気が違うものだ。色を削ぎ落としてみると、不思議に時間も止まって見える。


 Mama don't
  Take my MONOCHROME♪
 Mama don't
  Take my MONOCHROME♪
 Mama don't
  Take my
   MONOCHROME♪ Away〜♪ 



映「S&Gにこんな曲があったと思いますが…」
B「モノクロームではなくコダクロームだろ?」
映「はい、承知しております!」
B「知ってるならいいけど…」
映「だから〜、知ってるってば〜!」

サイモン&ガーファンクル
 お元気ですか〜?どうしているの〜?

   −・−・−・−・−

天然色の世界
こんな曲もあった。


 思い出は モノクローム〜♪
  色を点けてくれ〜♪ 


君は天然色…by大瀧詠一

いい曲は何度聞いてもいい。

思い出のポラロイドを歌っているこの曲に出てくる写真はきっと天然色なのに、それに対する気持ちは、目に映る写真の色をも変えてしまうのだろうか。

大瀧詠一がしつこくリフレインするので、ススメに従い最初の写真に色を点けてみた。いや色を戻してみた。いかがだろうか?

色を付けた天然色の路地ふむ、ただのスナップ写真に戻ってしまったような…。

撮ったばかりのなにげない単なるスナップ写真も、モノクロにするだけでなにか思い出の風景のように見えてくるから不思議だ。

その単彩色の雰囲気には独特の不思議な雰囲気が漂ってくる。

見慣れた風景をモノクロに変え見比べてみる。
オススメする。一度お試しあれ。

見えるものが見えなくなり、
見えないものが見えて、
…くるかもしれない。
posted at 2004/11/05 10:20 | Comment(6) | TrackBack(1) | 風景雑感
この記事へのコメント
モノクロいいですね〜。一度も行ったことがない知らない場所のはずなのに、思い出の風景を見ているみたいですね〜。画像の加工、うまくできないんですけど、チャレンジしてみたいです。
Posted by hanaboro at 2004年11月05日 22:43
>hanaboroさん、こんばんわ!
本格的デジカメを持っていないのでわからないのですが、モノクロモードのような設定はないのでしょうか。

色をコントラストだけで表現するのは難しそうです。でも、あえて綺麗な花をモノクロで写してもるのも面白いかもしれませんね。

色がなくなると、想像力の割りこむ余地ができるので、また違うイメージが膨らむこともあるかも知れません。
Posted by 映太郎 at 2004年11月06日 01:55
そうですよね。加工するんじゃなくて、最初からモノクロモードで撮影すればいいんですよね。今のデジカメを使って数年経つのですけど、ほとんどの機能を使わないままでした。

うちのはコンパクトデジカメですけど、いろんなこと器械におまかせで気軽に撮れますよん。映太郎さんはぜひ、本格的デジカメに挑戦してくださいね〜。
Posted by hanaboro at 2004年11月08日 13:23
>hanaboroさん、こんにちわ!
いいなぁ、
切り替え一つで変えられる人は…。

安くて本格的で簡単なの無いですかねぇ。
結局予算の問題かぁ…。
Posted by 映太郎 at 2004年11月09日 13:55
モノクロームで思い出した映画があったので、トラックバックさせていただきました。
デジカメ、便利ですよ。私は携帯にカメラついてますが、あまりにショボイので、あまり使わず、デジカメをふとした時に持ち歩いて撮ってます。
Posted by minan at 2004年11月10日 03:31
>minanさん、こんばんわ!
コメント&トラバありがとうございます。

ただいま“コメ&トラバ”キャンペーン中にてもれなくトラバ返しプレゼント中!…なんて!

ちなみに、
トラバ歓迎ってヘッダーに書こうとしたら失敗しました。テンプレート設定変更があまりに面倒なので、ホッタラ仮死状態のはずか恣意状態です。

デジカメ、
お幾らくらいのを使っているんでしょうか?参考までに値段と使い勝手と感想などを聞かせていただければ幸いですが…。

ちと欲しくなってきてしまいまして。
Posted by 映太郎 at 2004年11月10日 03:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ボーイミーツガール レオス・カラックス監督
Excerpt: ある方のblogにモノクロームについて書かれていたので、ふと思い出した映画、 レオス・カラックス監督の「ボーイミーツガール」。 この映画は、「ポンヌフの恋人」などを監督しているレオス・カラックス監督..
Weblog: ●minanの図鑑●
Tracked: 2004-11-10 03:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。