2006年秒読みは第九で!?

2005年11月19日
 PC前で思わず声を上げてしまった。
 「おぉぉ…、今年は第9かぁ…生で観てぇ〜っ!」

大晦日恒例の大人気企画
 東急ジルベスターコンサート2005−2006
 今年のカウントダウンは「第9」!
14秒前
チケット発売は2005年12月4日(日)

 ふ〜っ、よかった。チケット発売は、まだだった。
 


 12月4日発売…。ふむ、テレビで気楽に見るか、生でドキドキしながら観るか、当分考える時間はあるってわけだ。今からドキドキしてどうする…。
 
 昨年はテレビで見たのだが、これが結構ドキドキする。コンサートの模様というより、ドキドキした模様を私は二度も記事にした。

  2004年12月31日≪秒読みボレロでジルベスター≫⇒記事
  2005年01月01日≪ボレロなジルベスターの翌日≫⇒記事

 あと数分という頃から画面に時計が現れ、残り30秒辺りからはもう秒針と指揮者の顔が重なりかなり興奮してしまった。昨年はまたラベルのボレロがある意味特別にリズミカルな曲だったからハラハラドキドキしたが、今年の第九はさてどうなるのだろうか。

カウントダウン…8秒前
8秒前

 ちょっと意地悪に考えると、ラストの間合いが長い曲ほどどうにか誤魔化しが利きそうに思える。ジャジャーン♪なんてラストなら、最大一秒くらいなら伸ばしてタイミングを計ってもまだどうにかなりそうではないか。

カウントダウン…2秒前
2秒前

 だが第九のラストを思い浮かべると、たしかかなり畳み掛けるように終わるはず。これは今年もかなり興奮しそうである。

 どうなのよコバケン!
  バッチリ決めてくれるのか?



 詳細はサイトで確認できる。だが、まぁ昨年の満足度から言えば、お金貰わなくても宣伝してあげたくなる企画である。

 一応ざっと紹介させて頂くことにした。

東急ジルベスターコンサート2005−2006
[曲目]
 ベートーヴェン
  交響曲第9番ニ短調合唱付第4楽章
 ラフマニノフ
  ピアノ協奏曲第2番より第1楽章
 モーツァルト
  歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より「セレナーデ」
 サラサーテ
  カルメン幻想曲より
[指揮]
 小林研一郎
[演奏]
 東京フィルハーモニー交響楽団&武蔵野合唱団
 ピアノ 小山実稚恵
 バス/バリトン アーウィン・シュロット
 ヴァイオリン 松田理奈
[日程]
 2005年12月31日(土)
 <第一部>22:00〜23:00
 <第二部>23:30〜24:45
  (テレビ東京系列6局ネット、BSジャパン生中継)
[会場]
 渋谷東急文化村 Bunkamura オーチャードホール
[料金]
 S席¥8,000- A席\6,000-(税込)
[発売]
 チケットは2005年12月4日(日)発売
 Bunkamura チケットセンター

東急ジルベスターコンサート⇒サイト

 どうせテレビの前でも、きっとまさに手に汗握って大興奮して見るに違いない。どうせ興奮するならその緊張感をぜひ会場で味わいたいものである。

 ちなみに、たしか昨年は当日券を大晦日当日朝に発売なんて文言を見た記憶があるのだが、今年のサイトでは見当たらなかった。

 昨年かなりの評判だったらしいから、今年は当日券は見込めないのかも知れない。気になる方はご自身でご確認を。
posted at 2005/11/19 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。