プリンが美味しいのはモゾロフ?モロゾフ?

2004年10月30日
Mozoroff

ここのカスタードプリンに目が無い。
あの独特なガラスの器が、一時期家中に蔓延っていた。

あの器の使いみちなるページまで存在するとは。
サイト⇒ClickTimes 容器の使いみち

モゾロフのサイト⇒MOZOROFFももちろん存在する。

 −・−・−・−・−

ところで、
日本語表記問題「シュミレーション⇔シミュレーション」の続きだが、このモゾロフという言葉、いつのころからかどうも苦手になっている。

あのプリンが手に入ると必ず同じ冗談を言っていた。

「おっ!

モロゾフのプリンだぁ!」

そうとぼけて喜ぶ私に、誰かが必ず言う。

モゾロフだろ!」

ツッコミは愛だと人は言う。

 −・−・−・−・−

やがておかしな状況に陥った。
冗談がいつしか冗談ではなくなったのだ。

まじめな席でプリンの話題に及んだ時、頭に浮かぶモゾロフという言葉が正しいバージョンなのか冗談バージョンなのかわからなくなってきた。

(えーと、
モゾロフじゃなくモロゾフ
いやモロゾフ???モゾロフ???
あれどっちだっけ???
・・・えーと)
考えてるうちに話題は変っていた。

 −・−・−・−・−

二つの似ているものを覚えるとき、一緒に覚えるとずっと苦労することがある。記憶のファイルが横並びになると、必要な時にどうしても一緒に引き出されてしまうからだ。

そんなことを防ぐ為にも、Aとそれに準じるBといった風に、必ず優先順位をつけ覚えるようにしている。まぁ、最近は覚えることより忘れることの方が何倍も多いが…。

 −・−・−・−・−

ところで、
可愛い白い花が咲くノースポールという苗物がある。

ノースポール=North Pole=北の+極地=北極

花屋を開いていたころ、お客さんの年寄りの言葉に心の中でよく笑わされた。
ノースポール」を、なぜかみな間違えた。ノースールと呼ぶ人もいれば、スノーポールと呼ぶ人にも訂正せず黙ってうなずいていた。スノーボールに至っては、ほとんど原型を留めていない。
訂正したとしても、五分後には戻っていた。記憶は固まっているらしい。

 −・−・−・−・−

モゾロフモロゾフ

どうも自分自身で記憶の箱をかき混ぜてしまったらしい。もうゴチャゴチャで、リセットすらできなくなってしまった。そろそろ記憶は壊れたまま固まりつつある。

そのうちに、誰も突っ込んでくれなくなる時が来ることだろう。優しくうなずきながらも、肩を震わせ笑いをこらえて相手をしてくれるより、大爆笑してもいいから諦めないで訂正して欲しい。
posted at 2004/10/30 23:56 | Comment(5) | TrackBack(2) | 雑題雑想
この記事へのコメント
映太郎さん?私ずっと「モロゾフ」だと思ってました!
間違い?と気になって調べてしまいました。
私もプリン大好きなんで…。
http://www.morozoff.co.jp/
やっぱり、モロゾフ・・・?

我が家では、この現象を真野君病(まのくんびょう)と呼んでいます。(もちろん我が家にしか解かりませんが…)

その昔、父の友人に野間君(のまくん)という人がいたのですが、母がどうしても真野君と言ってしまうことから命名。

実は私もノースポールがノースボールか微妙なんです。で、花屋に行くとスノーボールください!なんて言っちゃう人です。

これ読んで笑えない自分が居たりします。(涙)
Posted by KAN at 2004年10月31日 01:26
>KANさんこんばんわ!
ふむ、かなり得意な症状ですな。発生地域もかなり極地的ということですし。

そう言えば、
かつていた一斉を風靡したポップギタリストご存知でしょうか?
エリック・フランプトン?
いやピーター・クラプトンだったかな

ちなみにスノーボールは大手毬という花木のカタカナ俗称だと思います。白く小さな花がピンポン玉大の大きさにアジサイ状に咲く花です。小手毬を大きくしたような種類です。
Posted by 映太郎 at 2004年10月31日 01:39
この記事をあれっと想いすぐ読み直し方…正常。

ちょっと間を空けて読み直した方…要注意。

まったく違和感を覚えない方…重症です。
Posted by 映太郎 at 2004年10月31日 01:42
おっと!危険なお誘いだな…
え〜っと…エリック・プラクトン?プランクトン?
あれ?エリップ・クラプトン?クランプトン?
ダメだ!曖昧です。

ちなみに最初「プラクトン」を変換したら「プ楽豚」になりました。(ぷぷぷ!)

スノーボールは実際存在するんですね!知りませんでした。なんと小手毬の親玉?なんですか?そう考えるとカワイイ名前ですね?
Posted by KAN at 2004年10月31日 02:42
>KANさん マイドです!
その昔、
リック・スプリングフィールドにも泣かされましたね。一人でも苦労するのに、そこにブルース・スプリングスティーンが参戦し、酷い痛手を受けたものです。

≫「プ楽豚」は激(爆)モノです。
静かな夜中に激(爆)ログは困ります。時間を考えてください。こらえればこらえるほどおかしくておかしくてたまりません。

ちなみに、
我が家のおバカなPCは「ぷ楽トン」だと申しております。この手のボケログを考えさせたら、我が家のPCは世界最強だと自負してる次第でして。
最近特に不安定な為、変換機能が弱体化しており、とんでもないことをいきなり言い出すため、付き合い切れません。
携帯電話の変換機能の方がよっぽど利口だと思われます。
Posted by 映太郎 at 2004年10月31日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/924529

プリン!
Excerpt: 先日、映太郎さんのBlogである「◆映太郎の映像批評◆」でプリンの記事を拝見した。 プリン好きの私としては、以来食べたい!食べたい!と頭の中を巡っていた。(苦笑)今日、仕事帰りに漸くプリンと出逢えた..
Weblog: KAN no Blog
Tracked: 2004-11-02 23:59

続、プリン!
Excerpt: とうとう念願かなって、マーロウのプリンを食べる事が出来た。1個700円もするけど、冗談抜きでオイシイ!! 本当にオイシイものを食べると、ほっぺたが痛いような感覚があるんだけど、まさにそれだった。すっ..
Weblog: KAN no Blog
Tracked: 2004-11-12 23:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。