充血治した方がいい…のでは

2005年11月08日
 あの赤い目が気になっているのは、私だけではないはず。

NO LOAN TVCM≪ポスター編≫
お節介な男…「借入れと返済のバランスを…」
赤い目の女…「バランスを取らないとダメなのです。
借入れ少ない方がいい。
早目に返した方がいい。」
お節介な男…「メガネを外した方がいい。」
Na…「ノーローン!
収入に合った計画を。」

出演 高橋真唯(まい) サイト⇒リンク

 気になって気になって仕方がない。あれも一種のアイキャッチなのだろうか。だとしたら、私ゃまんまとハマったことになる。
 


 それにしても気になる。どうしてあんなに充血してるのか。

「あのー、高橋真唯さん、目がかなり赤いようなんですが…。CMの撮影監督にでもこっぴどく叱られたんですか。人の借金の心配するよか、まずは“充血治した方がいい”…のでは?」

 サイトでは新しいバージョンも含め視聴できた。

NO LOAN CM≪新聞広告編≫
まだお節介な男…「収入に見合った金額を、無理の無い…」
まだ目の赤い女…「無理の無い返済プランで…
借入れ少ない方がいい。
早目に返した方がいい。」
まだお節介な男…「髪をほどいた方がいい」
Na…「ノーローン!
収入に合った計画を。」

NO LOAN TVCM視聴ページ⇒リンク

 ウェブ上を見回してみると、彼女のメガネを勝手に外し髪も解けと言い出す彼の要望は、この先一体どこまでエスカレートするのだろう…とまで心配される方もいらっしゃった。やはり皆さん、色々と気になっているらしい。まぁ今後彼に何をされるかは私にはどうでもいい。だが、あの充血した目がやはり気になって仕方がない。

 “充血治した方がいい”…と思うのだが、治らないのならいっそ
 “仕事休んだ方がいい”…のでは?
posted at 2005/11/08 04:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 広告批評
この記事へのコメント
この種のCMを見て・・・

「収入に合った計画を」
同じようなセリフどの金融会社も使っていますが、それができる人ならもともとお金なんて借りないと思うのですが。

しかし、こういう会社が銀行と提携したりして綺麗な女優さん、タレントを起用して宣伝していることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか・・・・

話がそれてごめんなさい。
Posted by bike at 2005年11月10日 12:02
bikeさん、こんにちは!
まぁ…、あんなメッセージは視聴者に聞かせるためじゃなく、公共広告機構かなんかに聞かせるメッセージですからね。

ふむ…。
でも言われてみればその通りで面白いですね。
その「収入に合った…」のメッセージが必要ない人々は顧客になり得ず、そのメッセージがもっとも必要な人々が顧客になり得る。

まったく…。微妙に矛盾していて面白いものです。
Posted by 映太郎 at 2005年11月10日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9089985
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。