新クーリッシュとお風呂とトイレ

2004年10月24日
LOTTE−8℃の飲むアイス「クーリッシュ」
新メニューイチゴミルク味CF
お風呂で子供たちが楽しそうに数えている。

子供『ゴー、ヨン、サン、ニー、
   イチゴミルク〜ッ
父親『まだまだ』
子供『ゴー、ロク、シチ、ハチ、
   クーリッシュ〜ッ
ご家族みんなで〜♪
 ロッテ クーリッシュ〜♪
子供がお風呂で数を数える姿が、なんとも言えず可愛ゆいCFである。
自分には全く記憶にない話だが、私の幼い頃のこのシチュエーションは、若干状況が異なっていたらしい。以下はその状況である。

幼い頃、
程よい時間湯船に浸かった私に母親は尋ねる。
母親『出る?』
自分『出ない!』
母親『じゃあもう少し入ってなさい!』
自分『出ないっ!』
母親『だから、入ってなさい!』
自分『出ない〜っ!』
母親『出なくていいのよ!』
自分『出ない〜!出ない〜!出ない〜!』
母親『…出る?』
自分『出ない!…』

幼い私は、湯船の中で文字通り真っ赤になって絶叫していたらしい。

出ない〜っ!


当時母親は、トイレを済ませた私に必ず尋ねた。
母親『(うんちはもう)出ない?』
自分『(うん、もう)出ない!』
私が『出ない』と言うと、母親はトイレから出してくれた。
『出ない』と言う言葉は、自分をそこから出してくれる言葉だったのだ。

湯船から出たくなると、必ず『出ない』と言っていた私を、笑いながら湯船に入れておいた母親はさぞ楽しかっただろう。
だが当の本人は、クーリッシュのCFのように笑ってなんていられなかったに違いない。
自分の記憶にはない自分の話というのは、欠席裁判の結果を聞かされるような思いさえ覚えるが、今となってはその状況を見てみたいとも、我ながら思えてきた。

残念だが、家庭用ビデオカメラなど存在しない時代のことである。今の子供たちが羨ましい。
posted at 2004/10/24 00:12 | Comment(8) | TrackBack(0) | 広告批評
この記事へのコメント
ご協力ありがとうございます。
新記事できましたのでまたご確認のほどよろしくお願いいたします。

私のHNのヒントは、『WOMAN6』です。

Posted by ミッキー at 2004年10月24日 19:08
こんばんは、ミッキーさんのところから来ました。

幼少時代…なかなかユニークなことがあったのですね。
本当必死だったと思いますが。

僕の場合、感じを読まされて、わからないのが出て来ると「がめ」とひたすら言い続けたらしく、
親戚のおじさんがそれで大爆笑したらしいと言う話が…。
幼少時代の思い出って面白いものですね。
Posted by Xform at 2004年10月24日 20:09
わたしの小さい頃は、熱い風呂がまったくだめで、ほとんど水風呂に近い状態にしてしまって、よく怒られました。
時々、泊まりに来る父方の祖母が、むちゃくちゃ熱い風呂に入るのですが、おばあちゃん孝行で一緒にはいることを余儀なくされて、我慢大会のようなおももちだったのを、思い出します。
Posted by たま at 2004年10月25日 00:58
>ミッキーさん
早速お腰いただき、ありがとうございます。

で、、HN『ミッキー』の由来が『WOMAN6』ってことですね。ふむ、チェックしてみましょう。
Posted by 映太郎 at 2004年10月25日 03:06
>Xformさん いらっしゃいませ
「超家庭的幼少伝説」ってどの家庭にも必ずあることでしょう。誰もみな一番大事なはずなのに、ほとんど後世には残らない小さな逸話。

そのおじさんの、あなたの思い出箱の奥底には、『がめ』という言葉と楽しい記憶が大切にしまってあることと想います。

Posted by 映太郎 at 2004年10月25日 03:19
>たまさん こんにちわ
子供の頃は私も、熱い風呂苦手でしたね。

どうしておじいちゃんってこんなに熱い湯に入るんだろうと、不思議でした。

…っつうか、今でも変わらないか…
Posted by 映太郎 at 2004年10月25日 03:22
もうHNのなぞは解けましたか?
Posted by ミッキー at 2004年10月25日 21:29
>先生
宿題まだ出来てませ〜ん
Posted by 映太郎 at 2004年10月25日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/876567
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。