ブログって何?

2004年10月08日
それにしても相変わらずブログってものがわからん…。
なにをしてブログ足りうるのかがわからない。

サイト製作支援をしてくれるシステムのことをいうのか、
日記をアップするサイトのことをいうのか、
相互ネットを構築するコメントやトラックバックのことをいうのか、
どれも今まであったシステムなのに…。

WEB LOGを略してBLOGとなったらしい。

ウェブ辞書Attayo で「LOG」を調べてみた。
「航海日誌、航空日誌」とある。
ならば、ウェブ日誌となる。たしかに、ほとんどのブログは日記、日誌と称される私的コメント、コラム集のようなものばかりだ。

だが、それなら今までのホームページと変わらないはず。

PC-Viewで「BLOG」を調べてみた。
「…ようは原稿を用意して、それを追加していけばいい。」とある。

ふむふむ、ちょっとわかってきた。

◆サイト製作を手軽にしてくれる支援プロバイダーが急激に増え多種多様となった。
◆そのそれぞれの支援システムがより簡略化され、手軽になった。
◆簡略化される過程で、サイトのスタイルが使いやすく一般的な幾つかのパターンに絞られた。
◆相互間のリンクを気軽にできるように(掲示板がコメント、リンクがトラックバックに)システム化された。(それに伴い、参加する人々には暗黙のルールが課せられていると思える。)

つまりは、個人サイト製作という場が、ウェブ知識のない人々に開放されたってことか。

考えてみれば、今までの個人サイトはスタイルにこだわり過ぎていた時期があった。
ホームページという言葉が世の中に溢れ始めた頃、みなトップページなるものを持っていて、本の表紙のように好きな画像や言葉をセンター合わせにでっかく貼り付け、そこには必ず「入り口」があった。
そのうち、表紙にあたるトップを捨て、いきなりインデックスと最初の記事が現れる形式が出現し、トップだけで閉じるせっかちサーファーを意識しはじめる。
いつの頃からかテレビ番組でいきなり内容が始まり、番組の3割も過ぎた頃にやっと提供テロップが入るようにスタイルを変えたのは、やはりせっかちな視聴者を意識したものだったが、同様の理由であろう。
理由はみかけや形式にこだわらず、内容にこだわりはじめた証拠だと思う。

いわゆるブログというものが、見えてきた。

ブログを日々駆使するブロガーと呼ばれる人々は、それぞれがメディアの発信元となる権利と手段をこのシステムによって手にしたのだ。
情報の発信手段を世界中の人々に、今までになく手軽に開放したもの、それがブログであり、手段やスタイルより内容こそがはじめて前面に押し出されてきたムーブメントだと勝手に理解した。

…なんて、勝手な解釈や発言、読むに耐えない薀蓄を発信できるもの、それもまたブログである。

…で、ブログって本当は何?
posted at 2004/10/08 12:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
ブログは、検索エンジンと相性が良く(リンクが張りやすい)て、情報発信が簡単にできるツールのことだと思いますよ。
Seesaaさんだとブログでショッピングサイト(http://shop.seesaa.jp)なんかも作れるみたいです。
Posted by 通りすがり at 2004年10月08日 12:50
ふむふむ、
検索エンジンとの相性かぁ、それは初耳です。
検索に引っかかりやすいということなのか。

コメントありがとう。
Posted by 映太郎 at 2004年10月08日 13:42
ども、過去ログにコメントするのも出遅れ気味ですが…

私もBlogはどうも〜と言いながら使っています。もとは個人サイト派なので、イマイチ使いこなしが出来ない。

なんでも流行った原点が、湾岸戦争に行った兵士がいつでも読めるようにと家族や現状の報告に使ったからとか…

最近だと記事検索をして、必要な内容をかき集めリンクを瞬時に作るのに使うのだとか…情報系扱い?

そんな使われ方した日には自分のblogなんて恥ずかしい限り…単なる愚痴日記サイトか覚書なんですから…(苦笑)

やはり…何?な私です。
Posted by KAN at 2004年10月16日 06:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。