ブルースカイ

2004年07月16日
内容…≪米軍将校(トミー・リー・ジョーンズ)と、自由奔放な彼の妻(ジェシカ・ラング)との不安定な夫婦関係に、暗号名「ブルースカイ」と名付けられた核実験の不祥事により、揺らぎはじめる少佐と軍との関係が、微妙に重なっていく…。≫
(1994/アメリカ)〔2004/07/16テレビ東京放映〕

感想…ジェシカ・ラングのヒステリックなシーンは少々しんどいが、彼女が馬に乗るシーンは何度みてもカッコいい。1990年に撮影されるも、監督の死や製作会社倒産により4年間もお蔵入りだったとか。まぁ、そんなにメジャーヒットは望めない作品だろうけど、なんとなく心の隅にひっかかる映画ではあると思います。

(YahooGeoCities映太郎の映像批評Log-no0007移植)
posted at 2004/07/16 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。