人間の証明―松田優作版

2004年07月16日
人間の証明内容…≪デザイナー八杉恭子(岡田茉莉子)のファッションショーが開催される一流ホテル。一人の黒人青年ジョニーヘイワード(ジョー山中)が、ナイフを胸に刺しエレベーター内で倒れた。

 死の直前の言葉「ストーハ」とは?彼が持っていた西条八十詩集とは?警視庁の刑事棟居(松田優作)が捜査をすすめると、やがて自分の過去までもが、事件にからみあっていく。≫
(1977/日本//2004/06/10テレビ東京放映〕
 
感想…ドラマのリメークが発表された途端の劇場版『人間の証明』放送とあって、深夜の放映をビデオに録画して本日じっくり拝見。いやぁ懐かしくて懐かしくて、感激。

 中学のころ、日本中に流れたあのメロディーが今になって再び頭の中で鳴り響く日々。ラストシーンの美しさに、日本中を沸かせた映画の一つだったことをあらためて実感しました。あらためて角川春樹さん或る意味すごい人だと感心しましたね。

 リメーク版も結構楽しみにしてたんですが、劇場版見ちゃったらもう充分お腹いっぱいになってしまい、見る気なくなりました。(とはいえ、一応第一回放送は見ましたが…)

 ところで、TVリメーク版は、コロンボ刑事のお陰ですでに第一回で挫折してしまいましたが、テーマソングは誰が歌うんでせうねぇ? やっぱちょっとだけ気になるなぁ ジョニーヘイワード役も兼ねて、平井堅なんて企画はなかったのかなぁ。結構合ってると思うんですが、いかがですか?

(YahooGeoCities映太郎の映像批評Log-no0002移植)
posted at 2004/07/16 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/753709
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。