国土交通省の恐ろしき楽天家

2005年08月16日
 どう考えてもおかしい。

▲小型機不時着
 ―燃料切れで牧草地に、けが人なし― 
▲軽飛行機不時着
 ―事故調査委検証を開始―

●JAL系機から金属片落下
 ―福岡、5人けが―
●金属片落下、「航空事故」該当せず
 ―事故調も調査見送り−国土交通省―

 片や燃料切れ不時着だが、けが人無しのちっぽけな軽飛行機が重大インシデントとして扱われ、片やエンジンから火を噴き、金属片落下で地上にけが人を出しておきながら、重大インシデントではないと扱われている。

 そりゃ、どう考えてもおかしいだろ。
 


 この違和感、というか福岡の異常燃焼に対する国土交通省の扱いに対する違和感を、福岡知事だかも公に批判していた。

■「事故指定しない国は問題」
 ―JALウェイズ機金属片落下で福岡知事―

 後から怒りがさらにこみ上げてきたのか、それともよほど馬鹿げたヤリトリがあったのか、福岡知事は翌日キレている。

■「国は専門バカ」
 ―福岡知事が対応を批判―

 直後に起きた燃料切れ軽飛行機不時着に対する重大インシデント扱いの発表のあまりの早さが、国土交通省には運悪く、福岡の異常燃焼の扱いの甘さをさらに引き立てる結果となった。

 国土交通省の楽天家たちは、一体何を考えていたのやら。

 二件の判断に関して、たぶん二通りの判断を下した担当者は別人だったのかも知れない。だがそれにしても、国土交通省にしたって、航空会社にしたって、できればヒステリックなほどに心配性な人間ばかりであって欲しいものである。



 偶然にも同時期に発生したキプロスだかの飛行機事故報道が平行して耳に入ってくる。だが、あちらの航空会社は全路線の飛行停止を即時決定したとあった。

 日本では幸運にも重大事故は免れた。だが結果的にはニアミスで済んでくれた今回の福岡でのエンジン異常燃焼も、いまだに原因が判明していないとすれば、同型機の全運行停止という選択肢も必ず国土交通省か航空会社の机上に存在するはずである。

 まったく…、この国の国土交通省には、福岡の問題をほったらかしにし、まずは軽飛行機のパイロットを攻めるような中途半端な心配症しか、いらっしゃらないらしい。

 心配性な人々が運行管理しているお国の方々が羨ましい。

 まさか盆休みで人手不足だったってか?
 そんな理由、まさかとは思うが、意外と有得そうな気もしてくる。まぁそんな理由はともかく、よほどの楽天家とよほどの心配性の両極端な二人の担当者が、運悪くあべこべに事故を担当し、運悪くあべこべの判断を下してしまったのだろうか。



 ところで、どこかのテレビ局の女性記者が軽飛行機の整備士に原因を尋ねるインタビューが、不謹慎ながら笑ってしまった。

 女性記者が―特に大意はなさそうなのだが―なぜか小声で尋ねる。

 「アノー、燃料切れなんですか?」

 整備士も―同じく大意はなさそうなのだが―なぜか小声で答える。

 「エェ、燃料切れですね。」

 女性記者が―やはり大意はなさそうなのだが―またまたなぜか小声で尋ねる。

 「では、特に整備不良ってわけではないんですね?」

 整備士も―結局大意はなさそうなのだが―またまたなぜか小声で答える。

 「エェ、燃料切れですね。」

 女性記者はよほど誰かに気を使っているのか、整備士がよほど何かが恥ずかしいのか、終始小声でのインタビューだった。

 国土交通省に聞かれては、よほどまずいとでも思ったのだろうか。



 そういえば、どこぞのパン屋さん、たしかヤ○ザ○パンだったかの社長さんは、自社のパンを一切食べないなんて噂話を思い出す。

 国土交通省の楽天家も、日航及び日航系会社の楽天家も、このご時世日航の飛行機に乗るのだろうか。

 ふと、どこからともなく、不安の声が聞えてきそうなのだが。

 「毎日乗る身にもなってみてよ…」

 一番不安なのは、実は機長や乗務員だったりして。

 いや、そんなわけはない。
 そもそも心配症だったらそんな仕事は選んでいないはず。そんな不安を抱える機長も乗務員もいるわけはないはずである。

 ふむ、やはりあの会社、社員全員超楽天家としか思えない。
posted at 2005/08/16 10:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 報道批評
この記事へのコメント
見た見た!ワシも笑ってしまったよ、あのインタビュー。
「やっちゃいました・・・・」と目が言っていた気がする。

お役所の方々は特別な選別方法で選ばれているような気がする庶民はワシだけでしょうか?
今回の国交省といい、先日の東京地震の時に出勤しなかった都職員といい、同じ人種のような気がするし。
はぁ・・・お盆も休まずに働く庶民のボヤキになっちまったなぁ。
Posted by はなかあ at 2005年08月16日 11:33
はなかあさん、こんにちは!

まさしく、それです!
「やっちゃいました」って雰囲気。少々の情けなさと恥ずかしさが微妙に織り交ざったような微妙な顔でしたね。

まぁある意味その特定の人種というのは、かつて社会主義国家にも蔓延ったタイプとも共通しているような気がします。

よほどのことがない限り、自分から自発的に動かないタイプなのでしょう。

てか、あれ ゆれてる・・・・・
Posted by 映太郎 at 2005年08月16日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。