PCモニタと新聞紙の面積比

2005年08月11日
 紙の新聞を読まなくなって久しいが、頼りのネットはそんな小さなトピックスをどれだけ網羅しているのだろう。

HAPPY NEWS 社会法人日本新聞協会+HAPPY NEWS実行委員会 (著)HAPPY NEWS

 島の泥棒はカラスだった。病いの妻に1日1話ショートショートを書き続けた作家。被災地に届けられた2億円当選の宝くじ…。笑え、泣け、あたたかな気持ちになる40以上の記事を収録

 新聞紙の隅っこには、小さな記事なりの小さな感動が結構点在していたものだった。
 


 物語としての小説は日々販売数を減らし、テレビ番組のコンテストではドキュメンタリー作品が大賞に選ばれ、映画館でさえドキュメントフィルムを上映している。

 では人は作り話に飽きてしまったのかというと、そうでもなさそうである。

 “星の戦い”は30年近く経ってもいまだ人気衰えず、“魔法使う少年”も“指輪の争奪戦”も、同様の人気を得ている。

 その両極端な人気の在りかを思うと、それが事実だろうと物語だろうと、人は中途半端な話に飽きてしまったのかもと思えてくる。

 110億円だかの金を払えば、数年後には月旅行も可能だとニュースが告げていた。10年もすれば、“ぶらり私鉄沿線”などといった番組と、“体験!夢の月旅行!”などといった番組が並んで放送されるのだろう。

 人の好みは日々極端にエスカレートしている。



 小さな感動をもたらす小さな事実の小さな記事は、大きな新聞紙の隅っこに静かに控えめに印刷されていた。

 新聞紙サイズのPCモニタを私はまだ見たことがない。新聞紙に比べればいまだ小さなPC画面に納めるため、寡黙ゆえに端折られた記事は、意外と多いのかも知れない。
posted at 2005/08/11 22:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 電脳批評
この記事へのコメント
アップ時間より前にコメント入れますね?(笑)

3月まで21インチモニタで仕事していて、今は14インチのノートPCで仕事してます。
見え方が格段に違うので慣れるまで辛かったです。

小さいノートPCだと小さな記事は見えません。(苦笑)無理に文字サイズ拡大したり、解像度変えたり…苦戦してますよ。

残念ながら現実は感動できない私です。
Posted by KaN at 2005年08月11日 22:27
あらら、せこく時間設定してるのが、バレちゃうじゃないですかぁ…、困っちゃうなぁもー。

21インチかぁ…。そんなのはまだ使ったことないなぁ。サイズというより、ノート液晶のぼやけた感じがどうも気になり、あるころから17インチのブラウン管に戻しました。

テキストも一辺に沢山見たいほうなので、文字サイズをかなり落としています。それでも、色々と見落としてばかりですが。
Posted by 映太郎 at 2005年08月11日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5806381

『Happy News』 新聞がはこんだあたたかいニュース スクラップブック
Excerpt: 新聞、読んでいますか? わたしはこのところめくってちらりと見るのが精一杯。 じっくりと腰を落ち着けて読むことができるのは、当分先になるでしょう… この本はとっても素敵なデザインで(さすがはマ..
Weblog: 月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ
Tracked: 2005-08-16 10:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。