時計仕掛けのブログのセコさ

2005年08月10日
 ある日、SeesaaBLOGのトップに並ぶ5件の“ブログ新着記事”の投稿時間を見ていた気が付いた。

 「このリストの更新って、きっかり15分ごとなのか…」

 ふとセコい手段を思いつく。まぁ物は試しというではないか。以来私は投稿時間を、00分、15分、30分、45分それぞれの00秒に日時設定し記事を投稿してみた。
 


 そもそも記事の投稿日時設定は自由なのだから、何も問題はないはずである。

■記事投稿日時
 *通常は入力不要です。
 * フォーマットに注意してください。
  例) 2004年の3月25日の午前10時にする場合、
  "2004-03-25 10:00:00" と入力する。
  例) 2004年の5月25日にする場合、
  "2004-05-25" と入力する。
 * フォーマットが不正な場合は、
  0000-00-00 00:00:00 となります。

 だが、問題はそんなことをしている自分の情けなさであろうか。



 実際そんな日時設定に変えたのは7月下旬辺りからなのだが、アクセスは一体どうなったのかというと、一応以前の倍近くに伸びていた。記事一件辺りのアクセスも、一日のアクセスもである。

 だが世の中そう甘くはない。15分刻みの00秒に設定したとしても、必ずシーサートップの新着記事リストに表示されるわけではない。運良くトップのリストのトップに表示されることもあれば、同じことを考えている人が沢山いるのか、6件目以降にハミ出る時もあり、そううまく行くとは限らないようである。

 ところで、物は試しにと時間を極端にずらして投稿してみて、面白いことがわかった。

 一時間ほど先の時間帯で投稿してみる。例えば、午後8時20分頃記事を投稿しようとしているとする。そんな時、投稿日時を9時15分00秒に設定してみる。

 そして数時間経ってからアクセスを解析してみると、実際に投稿した8時台も、日時設定した9時台も、双方それぞれにアクセスがあったのだ。

 ふむ、シーサートップに表示されないのに訪問者数がはね上がるというのは、RSSを使った訪問者がそれなりにいらっしゃるということか。

 そう考えると、今までのアクセス数はほとんどがRSSによるもので、増えた分のアクセスがシーサートップからの訪問者だったということになる。倍になるというのは、そういうことだったのかも知れない。



 ちなみに、倍近くになった理由は別にもあった。一日の記事件数がこのところ少々増えていたのだ。

 何も考えないとつい堅苦しい記事を長々と書いている。で、そんな書き方を最近ちょっと改め、短い記事を増やしていたのだ。

 アマゾンから拾ってきた綺麗なポスターを貼り、一言添えるだけなんて記事を、儲けてみた。いや設けてみた。えぇ儲けてみたい。だが儲けていない。

 まぁそんなこと、そんな理由が重なり、このところアクセス数が伸びたのだろう。設定時間を15分刻みの00秒にしたことだけではなかったのだ。



 ふとした幼稚な実験の効き目であるアクセス数の増加も、まだ何も実益を生み出してくれない。

 シーサーのアフィリエイトは勝手なリンクが鬱陶しくて切ってしまったし、アマゾンのアソシエイトのリポートだって、ウンともスンとも言ってくれない。

 まったく、何のためにブログしてんだか。何をやっても中途半端な人間のブログは、どっち付かずで情けない。

 で、どっち付かずの人間が今何を迷っているかというと、この記事を一体何時何分何秒で投稿しようかということである。

 [ 2005-08-10 22:30:00 ]…辺りかにするか。

 ただの投稿時間とはいえ、自分のブログに一つの嘘をつかせていることに、少々後ろめたさがつのって来た。 

 まぁ名前からして嘘なのに、何を今さらってとこなのだが…。
posted at 2005/08/10 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。