スクリティポリティの催眠術

2005年08月08日
 このアルバムを入手したのは、いつ頃だったかな。たしかピーター・バラカンがえらく薦めていたような記憶があるのだが。

Cupid & Psyche 85 by Scritti Polittiキューピッド&サイケ85
by スクリティポリティ

 えらくシャープな音と、タイトで弾けるようなリズムが堪らない。
 
 だがこのアルバムは、一体何処へ行ったのやら。たしか兄貴に薦めたような貸したような記憶があるのだが。なぜかモヤモヤしているばかりで、あまり覚えていない。催眠術でも掛けられたように。



 で、試聴するだけならコチラがいいかも知れない。アマゾンの国内盤には試聴リストが添えられていないが、Amazon IMPORT FROM US には試聴リストが添えられている。

            
Cupid & Psyche 85
by Scritti Politti
[IMPORT-FROM US]
Cupid & Psyche 85 by Scritti Politti

 だが最近上陸した“ソッチ”のサイトでも試聴できると言うし、かなり慌てた様子の国内の“アッチ”のサイトも試聴できると喚いている。

 もし万が一“コッチ”のアソシエイトにご協力してくれるというなら、そりゃ私にとってはありがたいが、どう考えても“ソッチ”や“アッチ”のサイトの方が、すぐに手に入るしメリットが大きい。

 やはりどう考えても、“アッチ”や“ソッチ”の水の方が、甘くて美味しいに決まっている。ふむ、また一つアマゾンでアソシエイトしている理由が判らなくなってきた。



 話に戻るが、このアルバムを確かピーター・バラカン氏が紹介していた。TBSの深夜枠だったと思うが、番組名までは覚えていない。
 収録されている“ヒプノタイズ”という一曲を紹介し、その曲名の意味を教えてくれたんだと思う。

 ヒプノタイズ=Hypnotize


…に催眠術をかける
…を魅了する
〈判断・抵抗などを〉無力にする;《通例受身》〈人・動物を〉驚かして動けなくする

 どうもあの低い声の不思議な日本語で、ピーターバラカン氏に催眠術を掛けられたらしい。
posted at 2005/08/08 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5706256
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。