彼女は風呂場の窓を通って…

2005年08月04日
 ひょんなことから、彼女が風呂場の窓を通り抜けて入ってきた。そして耳から離れようとしない。

Abbey Road by The BeatlesAbbey Road
by The Beatles

 ねちっこく淀んだリズムがしばらく続いた後、一気に開放感へとなだれ込む。堪らん、もう我慢できん…。
 
 ライブラリーを掘り起こそうとも思ったが、どうせカセットテープなのだ。程なく諦めた。「うぅぅ…」アビーロードが聴きたい〜。頭の中ではずっと鳴っているのに、それでもちゃんとした音源を聴きた〜い。



 うさ腹氏がてらに、久しぶりに一曲彼に翻訳を依頼してみる。前回マイケル・ジャクソンの歌詞は散々なものだったが、ビートルズの詩はどう訳してくれるだろうか。

 ≪彼女は、バスルームの窓を通って入りました。≫

 人は、現在やって来ます。ああ、注意してください!

 彼女は、バスルームの窓を通って入りました。銀のスプーンで保護されています。しかし、現在、彼女は彼女の親指を吸って、彼女自身のラグーンの銀行のそばでぶらつきます。

 誰も、彼女に言いませんでしたか? 誰も見えませんでしたか? 日曜日は、月曜日まで電話中です、火曜日は、私に電話中です。

 彼女は、彼女が常にダンサーであったと言いました、彼女は、15のクラブ/日に取り組みました。そして、彼女は私が答えを知っていると思ったけれども、さて、私は私が何を言うことができないかについてわかっていした。

 そして、私は警察署を去りました。そして、私自身のために定まった仕事を得ました。そして、彼女が私を助けるために彼女の最善を尽くしたけれども、彼女は盗みをすることができました、しかし、彼女は強盗をすることができませんでした。

 誰も、彼女に言いませんでしたか?誰も見えませんでしたか?日曜日は、月曜日まで電話中です、火曜日は、私に電話中です。ああ、はい。

by Yahoo!翻訳

 結構まともで驚いた。マイケル・ジャクソンの「マン・イン・ザ・ミラー」よりよほどまともである。日本語としてもそれほど可笑しくないし…。

 調子に乗りついでに、この曲の収録されているアビーロードの曲目リストも訳してみる。

ビートルズ アルバム「アビーロード」
収録曲目リスト
1.一緒に来てください
2.何か
3.マクスウェルの銀のハンマー
4.ああ!ダーリング
5.タコの庭
6.私は、あなたが欲しいです(彼女は、とても重いです)
7.ここに、Sunは来ます
8.ここに翻訳した文章が表示されます。
9.あなたは、あなたのお金を決して与えません
10.日曜王
11.意地悪いマスタード氏
12.ポリエチレンパム
13.彼女は、バスルームの窓を通って入りました
14.金色の眠り
15.その重さを伝えてください
16.終わり
17.皇后陛下

by Yahoo!翻訳

 6曲目が笑える。ある意味単なる直訳でしかないのだが、やはり可笑しい。結構可笑しい。てか、かなり可笑しい。一人でバカ受けしてしまった。

 ちなみに8曲目の「Because」が意味不明である。何度入力しても「ここに翻訳した文章が表示されます。」となってしまう。どうやらエラーなのか、翻訳ボタンを押すと、何も入力していない状態の時の訳文欄の初期メッセージが表示されてしまうのだ。 

 「Because」なんてたった一言を、辞書ではなく翻訳システムにかける必要などないということなのだろうか。



 ところで、先日どなたかのブログでトリビアっぽいネタを見つけた。

eXcite翻訳システムで「ビルゲイツ」を
[中国語]から[日本語]へと翻訳させると
ちょっと面白いことになる

eXcite中国語翻訳⇒リンク

 ネタモトさんには失礼だが、お名前を忘れてしまった。一応受け売りであることは白状しておく。で、私も色々試したのだが、どうやらラ行バ行が絡むと色々訳の判らない文章が現れるようだ。

 ちなみに、ビートルズは「申奈玄の群れの術」なんだとさ。だがさっぱり意味が判らない。ビートルズに絡み、シーラブズユー、ラブミードゥー、オールユーニードイズラブなんてのもすべて文章が出てくる。何でも彼んでも出てくるわけではない。だが、要領が判ってくると結構どんどん出てくるのでそのうち飽きてしまった。

 トリビアも
  腹八分目が
   ちょうどいい

 ほどほどってのが、実は一番難しい。
posted at 2005/08/04 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。