CM−BCAA=アアア〜♪

2005年07月30日
やはりあのCMが気になるので検索してみたのだが、なにやら疾うの昔のネタらしい。

CM−BCAA=Messengers×That's the way a woman is

オムニバス盤 アナザー・サイド・セブンティーズオムニバス盤
アナザー・サイド・セブンティーズ

including
"That's the way a woman is"
 by Messengers

3曲目の「気になる女の子」ってのが、例の「アーアアアアー♪」なのか、…が、視聴できない…が、誰かが売れ切れだとか嘆いていたが…、品切れではないようだ…が、買ってみる…か…たった1曲の為に?
 
噂のMessengersが歌う例の曲以外にも結構いいのが入っているようだが。

曲目リスト
1.恋は二人のハーモニー/グラス・ルーツ
2.恋のかけひき/ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズ
3.気になる女の子/メッセンジャーズ
4.ビー・マイ・ベイビー/アンディ・キム
5.涙のクラウン/スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ
6.ベンのテーマ/マイケル・ジャクソン
7.孤独の夜明け/マジック・ランタン
8.オール・ライト・ナウ/フリー
9.恋の水平線/パブロ・クルーズ
10.ランブリン・マン/オールマン・ブラザーズ・バンド
11.ジャッキー・ブルー/オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ
12.トレイシー/カフ・リンクス
13.ゴー・アウェイ・リトル・ガール/ダニー・オズモンド
14.シーズン/アース&ファイアー
15.ジャングル・ブギー/クール&ザ・ギャング
16.ただ愛のために/アレッシー
17.モンテゴ・ベイ/ボビー・ブルーム
18.パート・オブ・ユニオン/ストローブス
19.恋に恋して/ホワイト・ブレインズ
20.恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ/マウス&マクニール
21.青春に乾杯/ミッシェル・デルベッシュ
22.あまい囁き/アラン・ドロン&ダリダ
23.太陽は燃えている/エンゲルベルト・フンバーディング

5曲目「涙のクラウン」は好きな曲だが持ってるし、6曲目MJの「ベンのテーマ」もいいとは思うが、どうせなら「ウィラード」のDVDでも手に入れるし。アマゾンのカスタマーレビューにも書いてあったが、やはりこの1曲だけのために買うのは躊躇う。それこそがオムニバス盤の存在価値とは判っていても、躊躇うモノは躊躇う。

迷っていると、「世界一短いシングル」なんてレビューまでが悩ませる。「アア アア アーア アアアー♪」…あの調子でたった2分? 「今ならオマケソングが22曲も付いてます!」…そんなこと言われたってなぁ。

今や世界共通語にもなろうとしている言葉がどこからか聞こえてくる。聴くつもりもない22曲が“もったいない”のか、聴きたいのに聴けない1曲が“もったいない”のか、アミノ“バリュー”という商品名が意味ありげで恨めしい。

「どうせなら、アミノバリューのサイトでダウンロードでもさせてくれりゃあいいのに」

ミュージックDLなどしたことない人間でもそう思えてくる。だが、隠れた名曲を発掘し、CMで世に知らしめ、密かなヒットを企てるならば、DLやシングル発売などのアフターケアまでもしっかりしてもらいたい。そこまでしないところをみると、やはり予想外の反響だったのだろうか。

今はすでに亡くなってしまったが、かつての縦長シングルCDジャケットにアミノバリューの商品写真だけをデザインし、CDショップやコンビニの冷蔵庫に並べればかなり反響が望めるとは思うのだが、どうなのだろう。だめか…。
posted at 2005/07/30 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 広告批評
この記事へのコメント
まったく同感です。
こちらのサイトにたどり着くまでにも、同じような意見が多々あり。
大塚さんも罪つくりですね。
ああ、今日も頭の中で「アーアアアアー♪」(T_T)
Posted by きんた at 2005年08月09日 17:14
きんたさん、いらっしゃいませ!

「広告の第一目的は話題になること!」
どなたかがそう言ってましたが、話題になるだけでそれっきりという広告も結構多いですね。

刺激されるだけ刺激され、ほっとかれる身は真に辛ろうございます。ポケット塞がれたビリヤード台でナインボールさせられてるような気分とでも言いましょうか。
Posted by 映太郎 at 2005年08月09日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。