トップセラーリスト…その2

2005年07月16日
前回に引続きアマゾントップセラーリストを覗いてみる。カテゴリーは≪おもちゃ&ホビー≫。まぁそのまんまオモチャなモノもあれば、オモチャ?ってモノも混ざっている。で、色々チェックしているうちに一つの言葉が気になりだした。他のカテゴリーにはない“対象年齢”という項目。その数字のシバリ、一体何が基準なのか、まったく理解に苦しむ。

おいおいこれって“子供のオモチャ”かいってモノまであるではないか。例えばパズルなんてモンはいくつになっても楽しめるオモチャではあるが、それを“オトナのおもちゃ”と言ってしまうと、なにやら突然怪しい響きに声が小さくなってしまう。

以下、ご自身の判断でご覧下さい。なんて興味くすぐってどうする。誤解なきように。大した体位はない。
 


トップセラーリスト―amazon.co.jp―

カテゴリー≪おもちゃ&ホビー≫

No.2 スター・ウォーズダースベイダーボイスチェンジャー
これ、被るのか? 
amazon.co.jp

No.4 DEAD OR ALIVE 霞 C2ver.
さっそく出てきた。「対象年齢は14歳から」って一体どうやって決めてるのかが気になる。何が基準なんだろうか。
amazon.co.jp

No.5 ルービックキューブ(攻略本あり)
個人的には1×1が欲しい。どこかで紹介されていたが…。
amazon.co.jp

No.11 スクールランブル 塚本 八雲
出た。「対象年齢15歳から」って、さっきのとの一歳の違いはどこから出てくるんだ、一体。
amazon.co.jp

No.13 トップをねらえ! ガンバスター GUNBUSTER
ちなみにこれは、「対象年齢15歳から」ってか、これは逆にもう少し低くてもよいのでは…。
amazon.co.jp

No.14 SIF 一騎当千 孫策伯符
出た。これも「対象年齢15歳から」…。15歳って微妙な年頃だしな。ってか実際売れてるのは何歳くらいなんだろうか。
amazon.co.jp

No.16 電動ポンプ (AC電源式)
カテゴリーはおもちゃなのに、何に使うのだろうか。ちなみに対象年齢は書いてない。
amazon.co.jp

No.19 ドッツ ディグダグ
なんだかこの不思議な素朴さは何なのだろうか。ちょっと興味あり。
amazon.co.jp

No.24 光と水のダフネ 水樹 マイア
出た。「対象年齢15歳から」ってこれも15歳? あらま。
amazon.co.jp

No.26 スペースワープ 5000
これ、懐かしいなぁ。東急ハンズで兄貴が買ってきて一時期部屋が狭くなった記憶がある。
amazon.co.jp

No.30 STAR WARS ミニネオンライトセーバー 青
富士の裾野の日本ジャンボリーでさ、霧の中スターウォーズごっごした思い出が…。私の懐中電灯は単一8個入りで最強だったな。
amazon.co.jp

No.43 サクラ大戦Vさらば愛しき人よジェミニ・サンライズ
出た“対象年齢”商品、15歳からか。これならもう少し低くても許す。
amazon.co.jp

No.45 超リアル仕上げサーキットチョロQ03ザナヴィニスモZ
小さいことはいいことか。「あなたの鍵のイメージはどんな?」と聞かれ、物凄く小さいと答えたら女子社員に爆笑された思い出が…。小さいのはいいことか?
amazon.co.jp

No.48 ミクロマン ガオガイガー 卯都木 命
出た。「対象年齢15歳から」ってこれも15歳?…ってかおじさんが意識しすぎなのだろうか。
amazon.co.jp

No.51 おふろでレッスン にほんちず
「対象年齢2歳から」…なんかほっとするな。なんだかこういったオモチャがあまりに少ない気がするのだが、資本主義社会だから、しょうがないんだろうか。
amazon.co.jp

No.52 ケロロ軍曹ぬいぐるみ(S)-ケロロ軍曹
「対象年齢6歳から」って、この6歳ってのも判らん。で、この不思議なキャラ、一度だけテレビで見たが、不思議な雰囲気がちょっと残っている。不思議。
amazon.co.jp

No.57 ドッツ スーパーマリオ セットB
やっぱこれ、TVゲーム初期のレトロな感じで妙に引っ掛かる。ちょっといいかも。
amazon.co.jp

No.65 CLANNAD クラナド 古河 渚
出た。「対象年齢15歳から」…が、もうコメントしないほうがいいかも知れん。誤解されそうな気がしてきた。否定すれば否定するほど怪しまれそうである。
amazon.co.jp

No.75 プーリップなりきりコスチュームPart2小悪魔の羽根
何だかさっぱり判らん。これ、どうやって使うのだ。「対象年齢 13歳から」ってのも理解できん。そんなに遊び方が難しいんだろうか。
amazon.co.jp

No.76 ドッツ パックマン
ちょっと、かなり欲しくなってきた。
amazon.co.jp

No.88 GAD GUARD 篠塚 アラシ
またか。「対象年齢15歳から」ってか? これで対象15歳か。もう25年遅く生まれるんだった。
amazon.co.jp

No.89 天上天下NO.4棗 亜夜スペシャルペイント版
…。「対象年齢15歳から」…、…。・・・・・。
amazon.co.jp

No.100 プーリップなりきりコスチューム メイドさん
…。何でこんなモンがここに並んでるんだろうか。判らん。で、「対象年齢13歳から」ってそれ以前にどうしてここにあるのかが判らん、まったく。
amazon.co.jp



まぁそれにしてもアレが15歳なのにコレが13歳?…なんて風に、それぞれの商品に設定された対象年齢の変なギャップが気になりはじめるとやけに気になる。

実際その年齢の高さ低さは実はさほど気にしていない。自分だって13歳でナニを想像し、15歳の頃どんなモノにどんなコトをイメージしていたかなんて考えると、そりゃ人には言えんが、それなりにみな色々苦労したのだ。それは大して問題ではない。

だが、そこにある基準が現われるとその基準の方が気になってくる。一体誰がナニを基準にして決めているのか。そっちの方が不思議でならない。

野坂昭如が歌っていたっけか。
「み〜んな悩んで大きくなった〜♪」
対象年齢なんてすべて開放されてるはずなのに、何でこんなに悩まにゃならんのだ。

で、次回は≪エレクトロニクス≫編を…ってまだ続けるんかい。結局こんなネタ取り上げても記事はどこか堅いまんまだし、意味あるんだろうか。
posted at 2005/07/16 01:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 電脳批評
この記事へのコメント
マリオのドット・・確かに懐かしいですね。

ケロロ軍曹は内容は知らないんですが、「電車男」で主人公が好きなキャラらしくってたびたび本にも
映画・ドラマ版にもそのカエルが出ててなんだか
一気に有名になったような。

SWの先行上映だったか5歳くらいの男の子が
ベイダーのマスクつけて本格的コスプレでお父さんと見に来てるのがニュースで出てましたけど
・・これかな??
ライトセーバーまで買って遊んだクチなんですか?
映太郎さん??(笑)
Posted by Ageha at 2005年07月17日 10:13
マリオのドットは特にマリオマニアではない私にもなぜか懐かしくてね、ってか、あのドットデザイン自体が懐かしいのか、ちょっと興味あります。

「スター・ウォーズ」第一作は一応、ロードショー中に観に行った人ですから、ハイ。銀座?京橋だったかな、たしかテアトル東京でした。今はもう無いそうですが。

で、ライトセーバーを買ったんじゃなくって、霧の立ち込めた山の中で“ライトセーバーごっこ”をしたんですよ。懐中電灯の光が白く光の線になって物凄く楽しかった思い出があります。

あれは1978年頃のボーイスカウト日本ジャンボリーでした。キャンプ地ですからみんながみんな懐中電灯もってますし、みんながみんなで“スター・ウォーズ”ごっこしてました。“ルーク・スカイウォーカー”気取りと“ダース・ベーダー”気取りがたしか数千人は居たはずです。
Posted by 映太郎 at 2005年07月17日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。