タワレコとS・フォーバーと

2005年07月15日
高校時代の旅の思い出なんて記事に書いてしまったからか、その頃聞いていたアーティストの名前が突然浮かんだ。

スティーブ・フォーバート、この名前だけを頼りに渋谷のタワーレコード辺りで買った気がするのだが、さすがに25年ほど前のこと。まったく覚えていない。たしかタワレコが渋谷にオープンしたばかりだとは思うのだが…。

Jackrabbit Slim by Steve ForbertJackrabbit Slim
-FROM-US-IMPORT-
by Steve Forbert

ちょいと調べてみるとタワーレコード渋谷店って、日本国内一号店じゃなかった。あれが最初かと思ってたのだが…。
 
トリビアってモンでもないが、タワーレコード国内一号店は札幌だったとタワレコのサイトが仰っていらっしゃった。1980年4月にオープンとある。まぁ清涼飲料だとかタバコだとか、新商品はまず札幌で試すって話は聞いたことがあったが、タワレコもそれに従い札幌で試したってことらしい。

で、馴染み深いあの渋谷店のオープンは、1981年3月だそうだ。ってことは私がこのアルバム(もちろんレコードだが)を手に入れたのはまさにオープン直後だったらしい。

そう考えるとたしかにあの店、階段上がった入り口脇のスペースで毎日開店準備みたいなことしてたっけか。というか、その後いつ行っても開店準備は延々と続いていたような…。

ところで、渋谷店は95年3月に移転というではないか?…渋谷店って引っ越してたの? 知らなんだよ。ってか、私ゃあのハンズの先には95年以降行ってないってことかい。あらま。まぁせいぜいハンズしか用無いし無理もないか。

ちなみみ、トリビアってモンでもないが、タワレコ渋谷店は世界最大規模らしい。だが、そう言ってみたところでタワレコ渋谷店が今どこにあるのかも知らない人間には実感も湧くわけがない。

さて本題だがこのアルバム、紹介しておきながら私はこのアーティストに関して何も知らない。輸入盤だったせいでライナーノーツなんて気の利いたモンは入ってなかった。曲名すら覚えていないほどである。

ただ一つだけはっきり書けることは、とっても甘酸っぱい香りがいまだに漂うってことだけである。そんな甘酸っぱさ、書けるわけがない。まぁ大した内容でもないが…。
posted at 2005/07/15 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。