天体観測の主役は曲だった?

2005年07月12日
で、そのドラマの本放送を見ていない。が、いつのまにか再放送をしていた。で、何気なく観てみた。が、どうもピンとこない。ま、好みは色々あるとも言える。が、何に違和感を覚えるのだろうか。?、このドラマには主役が見当たらない。!、みな脇役格ばかりで主役を誰も張っていないではないか。

主役はやはりこの曲なんだね。

MAXI-CD「天体観測」  by BUMP OF CHICKEN天体観測 -MAXI-
by BUMP OF CHICKEN

で、この曲は流行っていたので散々耳にしていたが、歌詞はどんな歌詞だったのか。
 


検索してみた。窓に「天体観測」、「歌詞」と投げ込むと親切なサイトが教えてくれる。

天体観測…歌詞⇒リンク
by ≪♪歌詞GET!!≫

早いリズムに早口のボーカルはおじさんにはしんどい。さっぱりわからなかったよ。一言一言は聞こえても、ただでさえ早いリズムに載る歌詞たちは耳には入るが頭には入ろうとしない。この曲、こんな歌詞だったとは。

そうこうしているうちに再放送の物語は激しく展開する。小さな小屋に火を放ち火葬する脇役たち。それぞれの想いを抱えそれぞれの道に歩み始める脇役たち。それぞれの未来を予感させる脇役たち。

そこには、物語の中の役柄の未来と、それを演じた役者の未来と、その役柄に感情移入した鑑賞者の未来を投影する。

やはりそこに主役は居なかった。その主役なき群像が主役だったのだ。しかしある意味それを裏返せば、その役柄に感情移入した鑑賞者本人がその人生で主役であるかのように、その役柄一人ひとりが主役だったとも言える。単に誰かのファンとしてそのドラマを視聴し、その役者を見たくて観ていた身勝手な鑑賞者の主役のように。

と、そんな主役に関する無駄な考察をしていると、ふと番組のエンディングテロップに一行の英文が現われる。

INSPIRED BY
THE MUSIC OF BUMP OF CHICKEN

ドラマの主役を明かしてくれた。ふむ、やはりこの曲が主役なのではないか。はじめにこの曲ありきだったのだ。どうりで、検索で引っ掛かったログはみなドラマへの不満を語っている。この曲が好きでこの曲に食らい付いた人々はみなそのギャップを持てあましているようだ。

ところでDVDというもの、マイナーな作品や販売数を期待しない企画ほど、どうしても欲しくて必ず買うマニアっくな購入者を当てにし販売単価は高くなる気がする。ボックスなんて大げさな器に入れ、値段はどうでもよいファンには手がでない数字になりがちである。
DVD-BOX 「天体観測」―≪searchin’ for my polestar≫―ドラマ「天体観測」
―≪searchin’for my polestar≫―

演出 西谷弘/脚本秦建日子
出演 伊藤英明/坂口憲二/オダギリジョー/小雪/田畑智子/小西真奈美/山崎樹範/長谷川京子/大谷直子
プロデューサー 笠置高弘/森谷雄/渡辺真沙子

DVDがBOXで税込23,940円とは、お高い。でも12話だかがすべて入ってるならそれほど高くないか。ま、買う気がない人間には実感がわかない。

ってか、ドラマ全編のうちの最終回の後半30分を観ただけでこれほど語ってしまっては、このドラマが好きで観た方には叱られるかも知れない。

とはいえ、私もこの曲は聴ければそれでよいのだ。はじめどころか、始めも終わりもただこの曲ありきである。いや“在りき”などといった大それたものでもない。そこに理由などないのだ。

ただなんとなく、ただ訳もなくこの曲が聴きたいだけである。
posted at 2005/07/12 17:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
え?とりあげたんですか?バンプ。
と、思わずコメントに来てしまいました。

この曲から始まったようなもんです、今やすっかり
ファンになってしまいました。ボーカルの藤原くんの
あのなんともいえないやる気なさげな歌い方は・・・なんですが。

ドラマは「天体観測」といいながら一回もこのシングルはイントロ以外流れたことがなくて
あとはまるで彼らのアルバムを聞くための映像かのように延々とバックであの声が聞こえてました。
彼らが集まっていた「Jupitar」という名の
バーもアルバムタイトルまんまでしたしね。

7人くらいの青春群像的ドラマはフジテレビおとくいのパターンで・・。展開は見えてたんですが
そのワリには楽しみにして見てた一人で・・。(笑)
Posted by Ageha at 2005年07月17日 10:25
あの曲ですっかり感化された人が“お節介ながらビデオクリップドラマを作らせて頂きました。あなたのお好きなその曲を聴きたい時は是非ご利用下さい!”的な製作態度が見え隠れしてたような…。

スイマセン、“そんな構図を記事にしたくてネタにさせて頂きましたのでどうかドラマファンの方に置かれましてもお気になさらずにお願いいたします…”的なブログ記事でした。

まぁあの曲が気になるからネタにしたことはたしかなわけですから許してくれるかな。
Posted by 映太郎 at 2005年07月17日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5027794
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。