冨田勲ジャケットのポイビア

2005年07月10日
おまえの記事は堅っくるしくて長ったらしくておまけにつまらん。ウッディ・アレンの人生観のようだ。…そんな大滝秀治の声が頭から離れないので、たまにはトリビアっぽい記事でもと頭を捻ってみた。最近流行りの「っぽいトリビア」風に。

月の光 by 冨田勲月の光
(BMG/ファンハウス)
by 冨田勲

まったく…、捻ってみたところで、ポイっとボツになりそうな“ポイビア”しか浮かばない。だが、問題のジャケットはこの新ジャケではない。旧ジャケットに描かれたこちらの顔である。
 
≪?っポイシリーズ≫
冨田勲のアルバムジャケットをよーく見てみると…、ミスター・スポックっぽい…?
Snowflakes are Dancing by Isao Tomita月の光
(RCA/BMGビクター)
by 冨田勲

いかがだろうか。

先に紹介した「月の光」ジャケットの発売元はBMGファンハウスとある。そしてこちらの問題の旧盤ジャケットはRCAとある。そういえばこのアルバム「月の光」はまずアメリカだかで注目されたとかいった記事を読んだような気がする。だがそこに描かれているのは誰なのだろう。ライナーノーツに詳しいことは書かれていなかった。

ちなみにそのライナーノーツ。荻昌弘氏の名前が添えられていた。そう言えばこのポイビア、先週の2日頃見つけたような気がしてきた。7月2日は映画解説者荻昌弘氏の命日である。

ふむ、結局へーのへの字も聴こえなかったが、こんなブログ記事にする前にフジに出した方がよかったか。今さらながらマジで出そうか迷っている。

念の為、ミスター・スポックって誰だっけという方にはコチラを。

MIND MELD スター・トレックの秘密MIND MELD
―スター・トレックの秘密―

監督 ピーター・ジェイソン

補足説明をしてみたところで、追っかけ「ヘー」も聴こえない。

誰か、ヘーとか何とか言ってくれ〜。
posted at 2005/07/10 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
似てる〜〜〜。へぇ〜×さていくつでしょう?(笑)

スタートレック。眠れない時やあくる日休みというときに
バルが見てますね〜。SWの話はブログで散々書いてるくせに、
こっちにはイマイチ気が乗らない。
やっぱり顔で選んでるのかな〜(!?)

次の記事ともチョットかぶるんですがホルストの
「惑星」〜Jupiter〜は平原綾香のあのメロディから
真っ先に浮かんだのは富田勲のシンセサイザーVer。
音楽の授業で1,2回聞いただけなのに
当時テクノ全盛期で結構シンセが流行ってたりなぞして
そのせいか覚えてましたね。
ってまた年代物の話・・トホホ。
Posted by Ageha at 2005年07月10日 15:15
音楽の授業で冨田勲の惑星ですかぁ、先生も粋なことするなぁ。中学の時の私の音楽の先生も粋な人でしたよ。どこも音楽と美術の先生は風変わりな人が多かったですしね。

ちなみに彼は音楽の授業でズービン・メータ指揮の「未知との遭遇」を聞かせてくれました。たしかスターウォーズと両方収録されてるヤツじゃなかったかな。すでに自分で持ってたので“なんだぁ”って言ってしまいましたが…。
Posted by 映太郎 at 2005年07月11日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。