秘密を知ってたってシックス・センス

2015年01月14日
1月14日。こんな映画を久しぶりに観た。


シックス・センス

『この映画には秘密があります。その秘密は誰にも教えないでください』
映画の冒頭ではそんなお願いが映し出された。だがその『秘密』とやらはそんなに重要なのだろうか。オチを知ってしまっても、いい映画は何度も観れると思うし、私がこの映画を好きになったのはそんな部分ではないのだからどうでもよいのだが。
男の子が祖母の母親への想いを母親に伝えるシーンがいい。

「お婆ちゃんが言ってたよ。ママがお婆ちゃんのお墓でこっそりした質問の答えは"Everyday"だよって。
 ママ、お婆ちゃんになんて質問したの?」

母親はその言葉を聞いて泣き崩れる。


この映画をホラーと括るのはもったいない。
posted at 2015/01/14 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。