映画『キング・オブ・コメディ』

2014年12月05日
今日、こんな映画を観た。


マーチン・スコセッシ監督
キング・オブ・コメディ

この処なぜか我が家はマーチン・スコセッシ祭り。『ハスラー2』だの、『アビエイター』だの、『ギャング・オブ・ニューヨーク』に『シャッター・アイランド』に『ディパーテッド』。そんな中でみっけたこの映画。時代はやや古くそのギャップはある程度否めないけれど、アメリカならこんな事件も本当にありそうにも思え、それほど違和感なく観る事ができた。

とはいえエンディングで、颯爽と再登場した主人公がなぜか口を開かない。その間がなんとも言えず妙にせつない。

posted at 2014/12/05 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/410200430
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。