D・ストレイツの世界と色合

2005年05月28日
BSフジで佐野元春のライブを見ていたら、ダイアー・ストレイツが聴きたくなった。それもとびきり古いヤツを…。

Making Movies by Dire StraitsMaking Movies

by Dire Straits

赤と青の安っぽい紙ジャケが懐かしい。
 
安手の紙ジャケット一面を塗り尽くす安っぽい二つの色と、針を下ろした瞬間そこに広がる世界の無限の色合は、比較にならないほど正反対なモノだった。レコード棚の隅に収まっているだろうそのジャケットも今頃引っ張り出したとして、その溝に刻まれた世界を蘇らせる機械はない。

悲しい…、何が悲しいって、
 あの物悲しい音が聴けないなんて…。

実はあのレコードは人から貰ったモノだった。何気なく聴き徐々にその音世界にどっぷりとハマっていった。日本語のライナーノーツなんてご丁寧なモノも入っていなかったから、私はそのアルバムのことを何も知らずに繰り返し聴いていた。

MTVを席巻し、「テレビがあーだ、リフレジレイターがこうだ…」なんて彼らが歌いはじめるずっと以前のことである。私はグループ名すら意識しないで聴いていたのだ。

どれか一曲が聴きたいから聴くのではなく、なぜかこのアルバムだけは必ず一枚を通して聴いていた。もちろんレコード時代ゆえ、裏返す儀式もその音世界に含まれている。

さて、あの世界に再び潜りこみたくなった今、どうすればよいだろうか。CD盤を探すか、レコードプレーヤーを求めるかが迷うところでもある。まぁ手間とお金を考えたらCDに決まっているのだが、あの紙ジャケのレコードも可哀そうで仕方がない。

私の為のCDを一枚と、あの紙ジャケの為の額を一つ、買ってくるのも悪くない。

…などと言っておきながら、とりあえずはアマゾン試聴リンクで自分を満足させてきた。
posted at 2005/05/28 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3973171
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。