動画でパン作りをマスター!?

2007年03月22日
 ありふれたスーパーで買ったありふれた小麦粉。

 見慣れたブランドの見慣れた商品パッケージになぜかPCらしき絵と怪しい文句が…。

日清カメリア強力小麦粉

 動画でパン作りをマスター!…?
 


 実は先日、ふと美味しいピッツァがむしょうに食べたくなった。だがなぜか普段とは違う気分。30分も待てない。私は受話器の代わりに小麦粉を探し出した。

 とりあえずキッチンにあった薄力粉で作ってみるものの、イーストもベーキングパウダーも使わず薄力粉だけで適当に作ったピザ生地はいまいちピンとこない。

 数日後、スーパーであらためてドライイーストと強力粉を購入し、さて再び粉闘!…とばかりに新品の小麦粉を手に取ってみると、大製粉企業日清の肩書きの肩で、なにやら見慣れぬ肩書きが目を引いた。

こむぎ粉くらぶ

 詳しくは側面をご覧ください。

 その言葉に素直に従い、ブラウザを起上げてリンクを辿る。するとパン作りを音声付動画で優しく指南してくれるページに辿り着いた。

パンを焼こう
 ざっくり見る。FLASH
  テーブルパン作りの工程をダイジェストでご覧になれます。
 じっくり見る。HTML
  テーブルパン作りの工程を詳しく解説。プリントアウト可。
 動画で見る。MOVIE
  テーブルパン作りの工程を音声付の動画でご覧いただけます。
 
 日清製粉提供の料理レッスンは、パンだけでなく他にも色々と用意されている。うどんを打とう、ショートケーキをつくろう、中華まんをつくろう、お好み焼きを焼こう。残念ながら肝心なピザ生地の作り方はなかった。

 日清製粉グループこむぎ粉こくらぶ

 商品パッケージに貼り付けられた公式サイトの案内など、いまさら何も珍しくはない。だが自社商品の正しい使い方を、ネット上でそれも動画で指南してくれるというのはなかなか良い傾向に思えた。



 話は料理を離れるが、このネット上における顧客サービスがふと便利に感じたことが最近もう一つあった。

 なんと最近では取扱説明書もネットで見る事ができるのだ。

 実家から久しぶりに借りてきたデジカメを持って街に出たものの、時々「これだ!」と思って撮った写真がいまいち奇麗に写っていないことが多く、何度か後悔するうちに実は私の使い方が若干間違っているらしいと気がついた。もしや撮影モードを誤解してる?

 ネットでカメラの型番を検索してみると、あるある。取扱説明書がしっかりアップされている。これは便利である。まぁ以前から存在するとは思っていたが、実際使うとなるとかなりありがたい。

 デカい電化製品などではあまり気にならないが、携帯などを買うと箱の中身はほとんどが取説である。だが実際、どこぞの大臣の水道水云々な発言のごとく、いまどき取説を読む人なんていないでしょ?…ってなもんで、読まず開かずの取説が大切に梱包された携帯各社のテカテカピカピカな袋が押し入れにいくつもなんて人も多いだろう。

 買ったその日ならともかく、何ヶ月も何年も経ってからふとそんな取説を見ようと思っても、たいていはすぐに出てこない。ふむふむ、こんなことならこれからは買ったその日に捨てても平気ってことか。

 この傾向、今後はさらに広がりそうである。まぁ近い内に取扱説明書などは無くなるに違いない。

 梱包されるのは、urlの書かれた紙切れ一枚なんてことになるんだろうな。



 ところで、そもそも私はピザ生地を作ろうとしていたのだ。なのになんでまたパンの作り方の動画サイトを宣伝してるんだか。

 あんなリンクを貼ったところで、アフィリエイトでも何でもないリンク故、私にとっては何の得にもならない。だがまぁその企画意図が結構気に入ったので紹介してみただけである。あ〜ぁ、日清製粉も小麦粉一袋くらい送ってくれんかな…。

 で、肝心なピザはどうなったのか。まぁ色々適当にこねくり回しそこそこなピザは食べることができた。だが本当のピッツァを思い浮かべてしまうと無理がある。

 やはり六本木のニコラスにかなうわけはないってか…。
posted at 2007/03/22 03:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 電脳批評
この記事へのコメント
はじめまして♪marimamaです。

yahooのブログ検索から
おじゃましました。


今、いろいろなブログへおじゃましながら、
勉強しつついろいろと歩いています。


ためになるブログたくさんあるので、
とっても、楽しいです。

いろいろと勉強させてください!

また、おじゃましますね。

※同じ所へ何回もおじゃましたら
ごめんなさい。

応援ポチッとな\(*⌒0⌒)bがんば♪
Posted by marimama at 2007年03月22日 08:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36544689
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。