Staring at the mirror

2013年04月11日
 お前はいつも眉をひそめ、浮かない顔で俺を見つめる。

 たまには笑えよ。たまには何とか言ってみろよ。たまには冗談でも言ってみやがれ。たまにはおいらを笑わせてみな。

 お前はそれでも何も言わず、ただ聞いてばかりで頷きもしやしない。つまらねぇ野郎だな、ったく。死ぬまでそうしてろよ。

 Fuck you !

 そう叫んで中指を立てるや否や、お前はやっと動きだし、中指を立てて俺を睨み付けた。

 Get out !

 そして君は捨て台詞を吐いて洗面所を出ていった。鏡の中に私を残して。


posted at 2013/04/11 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語部修行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。