ヨン様が三宅島を訪れる日?

2005年05月01日
島民の待ちわびた日はまず文句なく祝うべきことである。しかし、ある驚くべき記者会見の内容はまさしく驚くべき内容だった。

「TOKYO MIYAKE RESORT」
〜都知事、三宅島改名検討案を定例会見で発表〜
--名誉島民第一号としてヨン様招致も含め検討中と明かす--
1日観光客受け入れを再開した三宅島島民の経済的復興支援策として、島名の改名案が発表された。一月に発表されたバイクレース開催案につぐ第二段の大胆な支援策案として注目されるが、第一号名誉島民の名前として挙げられた有名韓国人俳優の名前に会見場は騒然とした。

島名を改名するだけでも凄いのに、そんなことしちゃってくれるわけ? 考えるだけでもそりゃ凄いな、凄い案かも…。
 
マン島のようなバイクレースってのも大胆不敵な都知事らしくまことに大胆な発案で期待はしていたのだが、こりゃもっと凄い支援策となりそうである。

 名誉島民としてヨン様を招致する案に関して、どうして第一号がべ・ヨンジュン氏なのかという疑問も予想されるが、都知事はその点についても述べている。
「いまさらパンダ連れてったってしょうがないだろ。あれほど集客力のある人も他にいないんだから、人気があるうちにあやかるだけあやかっとくことに越したこたぁないでしょ」

そりゃそうだが、そりゃ実現したら凄いことになりそうだ。

驚きを隠せない報道陣に都知事がさらに加えている。
「(島名に関して)慣れ親しんだ名前に手を加えることにはかなりの抵抗があることは承知している。だが背に腹は変えられんてことでしょう。あんなたち(マスコミ)の想像力以上に大胆なことをしなくちゃならないほど事態は深刻なんだよ」
実現すればヨン氏が島を訪れる際の見学ツアー客の他、それ以降の「ヨン様ゆかりの地」としてのツアー客がかなり見込まれ、島を訪れる観光客の増加は桁違いの数字となることが予想されている。
(映太郎通信/2005/5/1/17:13更新)

まぁ本当だったらの話ではあるが…。



さて、本題に入る。
「MIYAKE RESORT」と呼ぶべき観光地三宅島が今日オープンしたのは本当のことである。

その島を今日TV報道は伝えていた。イルカと遊ぶツアーの満足気な参加者を取材していたが、陸の観光客はみな鞄に毒マスクを携帯しているらしい。

ガスマスク持ち三宅島観光
〜ヘリで火口見学も〜

 火山ガス放出が続く伊豆諸島・三宅島(東京都三宅村)で1日、観光客の受け入れが始まり、ガスマスクを持参した親子連れや若者らが、ヘリコプターで火口周辺を上空から見学したり、釣りを楽しんだりした。
 避難指示解除からこの日で3カ月。東京発の定期船からは、帰島村民を含め300人余が下り…。
(ヤフー/共同通信/2005/5/1/17:13)

中国デモの影響と余韻の報道がいまだ続いている最中、報道関係者までもその発言の影響を恐れるあまりなるべく取り上げぬよう配慮しているのではと思える東京都知事石原慎太郎氏が、以前この島でのバイクレース開催案について触れていたことを思い出す。

平成17年1月14日都知事定例会見の言葉
…それからあの島の周遊道路というのは、かなり起伏に富んでいてね、怖い道路なの。これは逆に、腕に自信のあるライダーにとっては1つの魅力の場所なんでね。私は、世界の単車の、オートバイのレースの黎明というのはあそこで始まったわけですし、イギリスのマン島で。私も行ったことがありますがね。マン島というのはもっと大きな島ですけども、いずれにしろ島挙げてオートバイレースの誘致をし、協力してるんだけども、明日この島でそういうレースをやると、私は非常に若いライダーが集まって人気になると思うんですがね。…。
平成17(2005)年1月14日(金)会見録より

冒頭の会見内容は別として、上記の会見録は以下のサイトで確認できる。
東京都公式ホームページ⇒リンク
石原知事定例記者会見録⇒リンク
平成17(2005)年1月14日(金)⇒リンク

就任以前から彼の発言にはまったくハラハラさせらてきたが、実際その大胆な発想発案とそれを実現化する行動力実行力は悔しさ混じりの頼もしさを感じている。

島民の経済的救済手段の一つとしてバイクレースを開催というが、私はもっと手っ取り早く安易で確実な手段も期待している。そんな突拍子も無い案の一つが冒頭の架空記者会見の発表であるが、安易な分ギャランティーには資金が必要であろう。だがスポンサーを抱き込むなんてことも大胆な都知事にはありえる話である。

国や自治体の各種広報CMやポスターに様々なタレントが登場するのだから、少々ギャラの高い外国人タレントを起用したって、どこも可笑しな話ではない。

たった一度公費で招待して一晩泊まって貰うだけで、どれだけ効果があることか。小洒落た別荘でも一軒建て、そこで一泊して貰う。記念写真をたっぷり撮り三宅島観光ポスターにする。同じ岬で、同じ浜辺で、同じ港で、同じ船の甲板で、彼と同じ構図の記念写真を撮り記念にするべく多くのヨン様ファンに来て貰えば、かなりのお金を島に落としてもらえることにつながるではないか。

ついでに、岬の一つくらいにヨン様の名前でも頂ければ幸いなのだが。まさしく島民にとってはある意味幸せなことかも知れないではないか。

いかがですか?
 ヨン様のファン様の皆々様。
  実現したらそりゃ凄いことでしょ?

大胆な石原慎太郎氏のことだから、そのくらいのことしたって何も不思議なことではないだろう。そのくらいの大胆さを、私は期待している。
posted at 2005/05/01 22:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 報道批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3253802

マン島
Excerpt: マン島マン島 (Isle of Man) は、グレートブリテン島とアイルランドに囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する淡路島ほどの小さな島。イギリスとアイルランドに挟まれている。首都はダグラス (Do..
Weblog: マン島-Search
Tracked: 2005-05-15 14:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。