ハインリッヒの無駄な考察?

2005年04月29日
前々記事「ハインリッヒの勝手な考察?」前記事「ハインリッヒの幼稚な考察?」に続き、不思議な三つの数字を数学ではなく算数レベルの幼稚なオツムで意味もなく紐解いてみる。(紐解いているのかややこしくしているのかわからなくなってきたが…)

 ≪ハインリッヒの法則
  件の大規模災害には、その背後に
 29件の中小規模災害があり、さらにその影には
300件の表面化しないエラーやニアミスが存在する。

三角錐レベルと境界さて、よくよく考えてみれば平面三角形の面積にしたって、対高さ面積比は二次曲線で増加するのだから、MSペイントで直線ばかり引いていたって答えは出てきそうにない。その数字が29299でも30300でもなく、あくまで29300であるのは、微妙にズレたという数字に、「単純な一次直線で理解するな」という意味で添えられたということだったのか。私はMSペイントを閉じエクセルを開いた。
 
エクセルで表を作ってみる。球の対半径体積比を想像しながら、真っ白なエクセルに数字を縦に並べる。右隣のセルには左の数字の三乗を算出させてみた。

球の半径を緊急度レベルとして仮定し、体積を件数として考えてみると、表の中の27343という数字が気になった。

その元の数字を辿りその間隔を見ると何やら綺麗な並びが浮かび上がる。
対半径体積比表
どうして?

試しにもっと表を大きくしてみた。
対半径体積比表2
ふむ、同じ要領で15の段を見ると似たような数字が並んでいるではないか。どうしてなのだろう?

約30件の背後に約300件と考えれば、約300件の背後の数字が半径15の3乗の3375としても意外と自然ではないか。

ということは…
対半径体積比表3
なんてこともありえるのか?
だとすれば三つの数字の関係は以下の式で表せる。

レベルをそれぞれL1:L2:L3とすると、
[L1:L2:L3]
…〜ん・・・・・? で、だから何なのだ?

なんとなくそれっぽくも見えるが、自分で紐解いていながらもうさっぱり意味がわからなくなってきた。…結局のところ、因数分解とかが苦手な人間てものは、解いてるつもりで問題をどんどん複雑にしがちである。中3レベルの数学でフリーズしたっきりの人間にはそもそも無理だった。

あらためてよくよく眺めると、この数字たちもそれなりにちょっと綺麗に見えてきた。
[1:29:300]

いまさら、だから何なのだ…。
posted at 2005/04/29 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘雑録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。