"God Only Knows" by Tony Asher

2012年11月20日
 世界中の人がそんな想像を巡らせる。

  もし君がいなくなってしまったら
   この世界は一体どうなってしまうのか

God only knows (and Night wing)

(イントロダクションとアウトロダクションとして加えられている曲の間、01:40〜05:20辺りにその調べが鳴っている)

 そんな状況を想像できる立場の人が、今の私は羨ましい。
 


 個人的には山下達郎が歌うこの曲が一番好きなのだけれど、結局は誰が歌っても詩の良さは変わらないと思う。

 最も有名なのは当然ながら御本家であるビーチボーイズのバージョン。けれど彼らの曲はどうも明るすぎて肌に合わない。まぁ山下達郎のバージョン(二枚組ライブアルバム『JOY』Disk2収録)のアレンジが物悲しくて最も好きなのだけれど、この曲の物悲しさは“最愛の人を手にしているまさに幸せの絶頂”でこその物悲しさであり、今となっては過去の心地でしかなく、もはやその懐かしささえもまた物悲しい限り。



 恥ずかしながら、歌詞を私訳してみる。


  GOD ONLY KNOWS


 I may not always love you

  but long as there are stars above you

 You never need to doubt it

  I'll make you so sure about it


 God only knows

  What I'd be without you


 僕の愛は 君には時々 物足りないかもしれないね

  でも星が輝くかぎり 僕は君をずっと愛しているよ

 そんな事は 君は心配しないでおくれ

  僕は絶対に そんな不安は抱かせないよ

 もし君がいなくなったら

  僕は一体どうなってしまうんだろう

   そんな世界 僕にはまったく想像できないよ


 If you shuld ever leave me

  Though life would still go on believe me

 The world could show nothing to me

  So what good would living do me


 God only knows

  What I'd be without you


 もし本当に君がいなくなったとしたら

  それでも人生を歩み続けるのだろうけれど

 僕の世界が消え去ってしまった世界で

  僕は一体何を求めて生きていくのだろう


 もし君がいなくなったら

  僕は一体どうなってしまうんだろう

   そんな世界 僕にはまったく想像できないよ


 God only knows

  What I'd be without you


 もし君がいなくなったら

  僕は一体どうなってしまうんだろう

   そんな世界 僕にはまったく想像できないよ

Lyrics by Tony Asher  
Composed by Brian Wilson
Translated by a-taro    



 私の最高のお気に入り『God Only Knows by Tatsuro Yamashita』収録のアルバム。

山下達郎『JOY TATSURO YAMASHITA LIVE』/AMAZON




 
  JOY TATSURO YAMASHITA LIVE

 山下達郎
 
 収録曲/ディスク1/1.ラスト・ステップ/2.SPARKLE/3.あまく危険な香り/4.RAINY DAY/5.プラスティック・ラブ/6.THE WAR SONG/7.蒼氓/8.LA LA MEANS I LOVE YOU/9.DANCER/10.LOVE SPACE/ディスク2/1.Introduction to“FUTARI”/2.ふたり/3.ドリーミング・デイ/4.GOD ONLY KNOWS/5.メリー・ゴー・ラウンド/6.LET’S DANCE BABY/7.LOVELAND,ISLAND/8.ゲット・バック・イン・ラブ/9.恋のブギ・ウギ・トレイン/10.DOWN TOWN


 物悲しいエレピのイントロだけでもグっと来る。あぁ懐かしき心の疼き。それにしても長い事、恋してないなぁ。
posted at 2012/11/20 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。