武蔵野銀行CF『ウソ発見器』編

2012年11月16日
 ふむ、いい作品だと思う。
 私としては最上級の部類に分類するCF。

武蔵野銀行CF『ウソ発見器』編

musashinobank CM

 思わずつられて涙してしまった。最近どうも泣き虫でいかんな…(;ーー)
 


 映画「サトラレ」が奇抜な設定でよかったと思うし、映画『禁断の惑星』が遠い星の世界を描いたSFで本当によかったと思うし、このCFに登場したそんな機械が己の頭の上にのってない事をただただ願うばかり。

  時に人は、嘘がつけてこそ優しき生き物となる

 なにやらCFとは逆の話のようでもあるけれど、結局は嘘をついても優しきは優しく、嘘をつかずとも優しきはやはり優しい。余計ややこしくもあるけれど、相手想えば嘘も優しく、相手想えば罵詈雑言もまた優しさとなりうる。何を云いたいのかもはや自分でも判らなくなりつつあるけれど、優しきは微笑む顔でも言葉でも姿でも立ち居振る舞いでもないと考えれば、後は何が残るのかというところ。

 まぁ理屈など所詮は屁理屈の一部。感じる儘が真実。感じぬ者にはどう説明しようと諭そうと、百年経っても伝わらないのだし。
posted at 2012/11/16 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。