何はともあれ一文字で締め括る

2006年12月01日
 暦も残りあと一枚。行員矢のごとく走り回る時期になった。メディアではそろそろこんな映像が紹介されそうな頃である。

2006年今年の一文字…ただし予想

 何も“偽”ってない。あくまで予想でしかないことだし。とはいえ、今年ならこの一文字でまぁ妥当な処かなと…。
 
 それにしても…、この時期になると人は何かと一年を括りたがる。今年の商品、今年の事件、今年の流行語…。

 まぁその気持ちも判らないではないけれど、どうしてそうすぐに括りたがるのだろう。

 老いも若きも、“リセットボタン”がお好きなようである。
posted at 2006/12/01 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。