モデムが遺してくれた静けさ

2005年03月28日
モデムが逝ってしまった。

ある日突然インターネット接続が出来なくなった。その時はまだモデムはチカチカと光り、命令を出さないPCを心配しているようだったのだが、しばらくPC内をいじくり回り色々トライしたもののどうにもならずに結局諦めた。

途端、モデムは深い眠りに入り、結局二度と目覚めなくなった。
 
結局あちこちのサポートセンターと散々やりとりしたあげくに最後はあっさり「交換ですよ、最近多いんです。いきなり電源が入らなくなることが…」と言われ、三週間過ぎてやっと復活できる運びとなった。ちなみに、四年程前にNTTフレッツADSLのレンタルで提供された角ばったタイプである。思い当たるお方はお気をつけ下され。

まぁその哀れなモデムのお陰である意味ウェブから完全に切り離され、静かに原稿に没頭することができた。以前から短編小説っぽい物を書いてみたかった上に、ちょうど一つネタを思いついた直後だったので、こりゃ一つ短編でもと考えたわけである。

慣れないMSワードを、久しぶりに起ち上げてみた。
posted at 2005/03/28 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語部修行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2719023
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。