懐かしさと物珍しさの曖昧な煙突

2006年07月28日
 ほー、世田谷にもまだまだ銭湯があるんだな。

太子堂 清水湯銭湯
太子堂清水湯

茶沢通りを三軒茶屋から下北沢方面へしばらく歩くと、やがて左手に煙突が現れる。

 で、銭湯には何の用も無いのだが、ふと物珍しさに真下から見上げたくなってしまった。
 
 銭湯など、生まれて此の方たった一度っきりしか入ったことはないのに、それでもなぜか懐かしい。

 懐かしさとは誠に曖昧で、誠に不思議なものである。



 まぁそんな形状のモノを真下から見上げそのごりっぱな存在感に感心などしていると、変な潜在願望でも詮索されそうでもあるから、これ以上あまり不必要には触れたくないのだけれど、実際最近ではとんと見かけなくなった光景でもあるし、ふと立ち止まって見上げたくなるのも無理はない。

 まぁどうせそんなモノが近所にあって毎日見ている人にはどうでもよいことなのだろうし、まぁどうせそんなモノが近所にはなくて見たこともない人にはちっとは物珍しいことなのだろうし、まぁどうせこんな記事に興味もない人にはどうでもよいことなのだろうし、まぁどうせどうでもよい記事に変わりは無いのだろうし、まぁどうせ結局の処はそんなもんである。

 物珍しさとは誠に曖昧で、誠に微妙なものである。
posted at 2006/07/28 15:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 風景雑感
この記事へのコメント
映太郎さん、こんばんは。
お風呂屋さんの煙突の写真、圧巻です。
そして右サイドのベタ焼き、面白いですね〜〜♪
ず〜っと見ていって、サスケさんがちょこんと座って正面向いたの、大きくして見ようとクリックしたら・・・
その時の記事に飛ぶんですね!
素敵!こういう入り方楽しいです。
ありがとう。・:,。★\(^-^ )♪★,。・:・°
Posted by Risu at 2006年07月30日 23:30
Risuさん、毎度。

礼を言われても…。
まぁ少々気分を変えたくなりましてね。で、レイアウトを少し変えてみたわけです。気分転換です。
Posted by 映太郎 at 2006年08月06日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21545583
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。