ブログ開設2周年で想う事

2006年07月16日
 7月16日、ブログというモノを始めてちょうど丸2年が経ったが、二年前の今日は一体どんなことを書いていたのか。

2004年7月某日、昨今ブログサイトが…、
2004年07月16日

SONY VAIO-QR PCG-QR3/BP 流行りってことで、メディア批評のBlogを作ってみました。批評と銘打ってはみたものの、単にテレビ見たり、レンタルDVD見たりして気づいた感想私評や連想追想した雑感を書きなぐっていくだけですが、まぁタイトルくらいは大げさにしてみたわけで…。

 使用機材は、SONY VAIO-QR PCG-QR3/BPにて、お送りしております。

 ふふふ、今ではすっかり“ダデアル”口調で思いっきり自己中に言い切り書きをしてるクセに、始めたばかりのこの頃は微妙な“デスマス丁寧”口調で、どこか読み手を意識しているのが初々しくて情け無い。
 


 人はみなどんな理由でブログを始めるのだろうか。

 アフィリエイトで儲かるからなんて理由でブログを始めた人もそりゃ多いだろうけれど、そんな理由で始めた人ほど長続きはしなかっただろうに。

 始めたきっかけではないけれど、私もそりゃ始めて少しした頃にはアフィリエイト収入も少々期待したものである。

 とはいえ、これほどオバカなシステムもないことにやがては気付き、いつの頃からかそんなモノはまったく期待しなくなった。まぁ今にしてみればそれがよかったのかも知れない。

 本当の理由はとにかくなんでも良いから文章を書くことだった。だから、自分自身の記した自分だけによる自分だけの文章が日々自分だけのブログの中にページを膨らましていくにつれ、アフィリエイト収入には比べ物にならない満足感を得ることができた。

 そこに記された文章には自分の日々が映り、自分にも見えなかった自分自身の姿が映り、無意識に自分を叱咤する自分の想いが不意に現れ、ふと自分自身を励ます自分の弱き一面が声を漏らす。

 記事を書いているそばから、たった一行前に書いた自分のログに時に呆れ、時に驚き、時に納得し、時に笑ってしまったものである。そのログやログの影に見え隠れしていたのはすべて間違いなく自分自身であり、でも今まで考えもしなかった自分自身でもあった。

 毎朝鏡を覗いて見える自分自身は前方からしか見えない自分、それも鏡の前に立っている瞬間の現在形の自分自身でしかないけれど、ログにして何度も振り返ってみると、それは例えリアルな像を伴わなくとも、リアルな鏡像よりも数段情報量の豊富な自身の姿を認識できるから面白い。

 その違いはまるで、たった一枚のカラースチール写真とエンピツで描かれたパラパラ漫画の情報量を比べるようなものである。写真なら笑っているか泣いているかしか描けなくても、パラパラ漫画なら例え稚拙な絵だろうと泣いていた顔がふと微笑むなんて事もできるだろう。

 たった一件のブログ記事に大したことが書かれていなくとも、それを自身で順に振り返っていくと、その記事と記事の隙間に隠れたモノたちは、かなりの情報量で私というモノを描きだしてしまう。それは時に恥ずかしいほどに、時に恐ろしいほどに。



 ところで、もう何度も記事に書いたけれど、私がブログを始めたきっかけは“キレやすい”などという自身の自身による自己評価を意識したからだった。

 実際二年間も文章を書いてみて、自分が内面的には何かが変わったのだろうか。

 結局はそんなこと、自身ではさっぱり判らないのだが、まぁ表面的なこととしては、テレビをまったく見なくなったとか、ちっとは本を読むようになったとか、以前にも増してさらに物想いにふけることが多くなったとか…。

 ふむ、ログの上でキレている回数でも数えてみれば判るだろうが、面倒臭くてそんなこと一々してられぬ。

 はて、もっとも古い読者にでも伺ってみるかな。

「映太郎さん!最近私のログって何か変わりましたか?」
「さぁ…。私にはさっぱり判りませんなぁ。」
「そうですか…。」
「とはいえ、
 そんなことが気になるようでは何も変わっていないのでは?」
「確かに…。」

 最も古い友人は、自身の心の中で恐る恐る見守っている。
posted at 2006/07/16 15:48 | Comment(8) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
2周年おめでとうございます。

私、ネットで日記を晒し続けて…今年で丸6年になりますが…思えば引越しの嵐でしたね。(苦笑)読んでもらいたいのに、読まれたくない人も居る訳で…そういう人が出来ると絶えず引越し。

結局読者限定に出来る場所に落ち着いて吠えておりますけどね(^^;)。日記はストレス発散と、近しい友人達への連絡なので、読者限定が一番便利です。

不特定多数に向けた文章は、よっぽどじゃないと最近は書かなくなりました。なんでも、他人様に読んでもらえるような文章ではないらしいので。(涙)

アフィリエイト収入はseesaaさんでblogしてたころはお小遣い程度いただきましたよ。辞めてしまって未練があるのは、これだなぁ?(笑)
Posted by KaN at 2006年07月16日 20:07
KaNさん、げげげ6年もですか?!こんちゃ!

まぁ不特定多数だったはずの読者としては、KaNさんは一番古株なんですよ。たった一人でも、リピーターとして毎度マイド起こし頂き感謝しております。

私の場合、シーサーはスグにアフィリエイトをオフにしてしまったので煙草代にも満たなかったですけど、アマゾンは結構カウントされてるようです。とはいえ、ネットの中のボタ餅のごとく手を付けてませんけどね。

まぁそれはどうでもよいのだけれど、マイド毎度お越し頂き感謝しております。その数行のコメントがどれだけ励みになることか。

KaNさん、いつもいつもありがとう!
Posted by 映太郎 at 2006年07月16日 20:27
映太郎さん、こんばんは ☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜
二周年ですかあ!
凄いです、お祝い申し上げます。

わたくし、時々お邪魔しては興味のある過去ログを読ませていただいております。

映太郎さんっ、キレテないっすよ!♪
Posted by Risu at 2006年07月16日 21:39
Risuさん、オヒサです!

サイトはまだですか?
なんてプレッシャーを掛けてみたりして…。

おかしいなぁ…、結構キレた記事もあるはずなんですが、まだ読まれてないだけでしょうか。
Posted by 映太郎 at 2006年07月17日 05:44
>サイトはまだですか?

まだまだ“お勉強中”にござりまする。
お待たせしてごめんなさい。

>おかしいなぁ…、

あれえ、おかしいなあ。わたし鈍感なのかなあ?
では言い直します。

映太郎さんっ、キレてナイスっよ!♪

ではでは、失礼いたします。(@^^)/~~~

Posted by Risu at 2006年07月17日 14:57
Risuさん、マイド!
え? はぁ…。
まぁよく言われます。キレる男と…。
Posted by 映太郎 at 2006年07月17日 15:09
映太郎さん、毎度マイドすみません!

キレる男! そっちの意味でしたか!!
はーい。納得。
Posted by Risu at 2006年07月17日 15:46
Risuさん、またまた〜^^

Yes, I do declare...どちらかといえば…、やはりキレる男っちゅうよりもキレちゃう男ですかねぇ。
Posted by 映太郎 at 2006年07月17日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。