作家急病のお知らせの必要性

2005年02月16日
 ≪お知らせ≫
狩馬映太郎氏によるブログ「◆映太郎の映像批評◆」は、作家急病により連載を休止しております。
編集長

…そんなお知らせは、Seesaaも出してくれない。
 
 −・−・−・−・−・−

そもそもTUTAYAがいけなかった。先週末、久しぶりに三茶のTUTAYAにDVDを選びに行った。日曜ということもあり物凄い人ゴミにその場でうなされ、何も買わず借りもしないで帰ってきた。

だが、どうもそこで貰ってきたようである。無料配布されるモノなどには目もくれない人間なのに、いつのまにはナニかの菌を手渡されていたようだ。二日目ほどから高熱に襲われた。

以前は熱などあまり出さなかったのに、四十路に入るや体がかなり衰えたか、四十度近い高熱に一週間うなされた。四十路の字面が違った意味に思えてくる。

 −・−・−・−・−・−

ところで、寝込んでいると懐かしいお婆ちゃんが見舞いに来てくれた。鷲っ鼻の父にそっくりな鷲っ鼻のお婆ちゃんの優しい言葉を布団の中で思いだした。

「ナニか困ったことがあったらね…、ナンミョウホーレンゲキョーって唱えるんだよ。」
小学校も低学年の頃、ほどけなくなったナニかの結び目をお婆ちゃんの元へ持っていくと、そう言ってほどいてくれた。部屋の壁を見上げると、池田大作氏の大きな写真が飾ってあった。

高熱で寝込み困り果てている時、布団の中でいきなり「ナンミョウホーレンゲキョー」って唱えるのもちょっと怪しい。布団の中でふと込み上げる笑いに思わずニヤけてしまった。

熱心な学会員だったお婆ちゃんには悪いが、そもそも私は学会員でも日蓮宗でも何でもないから、唱える呪文だって何でも良いのだ。だが、笑いがおさまると、なぜだか涙が溢れてきた。“初めてのお葬式”の時のようにおいおいと泣いてしまった。

小学校6年の冬、お婆ちゃんは自宅の畳の上で死んだ。その時の葬儀が、私には生まれて初めての“お葬式”となった。

ふむ、お婆ちゃんはたしかに見舞いに来てくれた。布団の近くに優しい気配を感じた。

 −・−・−・−・−・−

さらに二三日寝込んでいると、お祖母ちゃんから電話が掛かってきた。今度のお祖母ちゃんは祖母と言っても私の息子のお祖母ちゃん、つまりは私の母親である。

「医者行ったほうがいいんじゃないの?何の病気かわかんないし…。」
ふむ、反応や励ましは随分違ったものである。励ますどころか、悩みと不安を大きくしてるし…。

優しいはずのもうひとつの忠告はあっさりと無視することにした。やっと治りかけてきたのに、いまさら病院などに行ったらまた別の菌を貰いそうである。病原菌の品揃えは、TUTAYAを軽く上回りそうでそりゃ恐ろしい。

 −・−・−・−・−・−

それにしても、日々連載を努力していたブログも、作者が風邪を引いただけで簡単に凍りついた。“超個人的随筆連載日刊誌”的ブログというもの、結局はたった一人で日々自転車操業をやりくりし続ける個人商店のようなモノで、体一つ壊してしまえば何一つ動かなくなる。

更新暦に変化のなくなったブログなど、作者がブログに飽きてしまったんだか、それとも作者が急逝してしまったんだか、読み手にとっては全く区別がつかないことだろう。ブログ画面の向こう側のそんな冷たい反応を想像してみると、ちょっと悲しくなってきた。

 ≪お知らせ≫
狩馬映太郎氏によるブログ「◆映太郎の映像批評◆」は、作家病状回復により連載を再開させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
編集長っつうか本人ですが…

…なんてお知らせが必要なほどのブログにしてみたいものである。
posted at 2005/02/16 01:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
あのー、それってインフルエンザでは?

すぐに病院に行ってタミフルを飲んでおけば、高熱は1〜2日でおさまったかもしれません。

もし、ご家族が突然高熱を出されたら、すぐに病院へ行く事をお勧めします。

Posted by ままよ at 2005年02月16日 02:13
>ままよさん、こんばんわ!
タタタミフル?
なんかヤクルト辺りから出てそうな名ですねぇ。
実際考える間もなく動けなくなりました。元々出無精に病院嫌いが加わってる上にしんどくなると、歩いて五分の病院にも行く気になりませんでした。

で、今年の傾向はどうなんでしょう。
いきなり熱が出て、次に喉もやられて、…。これってやはり間違いないのかな。

流行の先端ってのも、栄えあることなんだか、単なる小市民なんだか、毎度のことながら複雑です。
Posted by 映太郎 at 2005年02月16日 03:04
大変でしたね^^;
うちも先々週息子が急に高熱を出し、病院に連れて行ったところインフルエンザでした。
A型かB型かによって症状も違うようです。
うちはB型だったんですが、熱のあと咳と鼻詰まりがひどかったです。
幸い他の家族にはうつらずに済んでほっとしてます。
くれぐれもお大事になさってください。
Posted by ちびはむ at 2005年02月16日 10:15
「インフルエンザじゃないかなぁ…。」
なんて思いながら毎日通ってました。
症状は完全にインフルエンザですね。
無事に戻ってきてくれて本当に嬉しいです(i_i)
病みあがりに無理は禁物です。
皆様同様、お大事になさってくださいm(_ _)m

Posted by つなみ at 2005年02月16日 14:20
>ちびはむさん、ありがとうございます!
A型?B型?
…病院に行って確認登録した方がいいのかなぁ。
Posted by 映太郎 at 2005年02月16日 17:18
>つなみさん、ありがとうございます!
いまだに喉がゼーゼーツーピー鳴ってます。

それにしても、
“影響”感冒と世間では呼ばれてますが、その影響の大きさには驚きです。これから世の中心配です。
Posted by 映太郎 at 2005年02月16日 17:35
暫くお休みされているので、もしや?インフルエンザかな?と思ったら…

流行ってますから、お大事に。ホントに、職場で治って出てきても、違ったインフルエンザにかかってまたお休み!なんてヒトが居ますから…。冗談みたいなホントの話。

さて、私も学会員とは無縁ですが、金縛り解く時はお題目を唱えます。これがどの言葉より一番強くて効き目があります。

ということで、くれぐれもお大事に!
Posted by KAN at 2005年02月16日 20:17
>KANさん、こんにちわ!
流行はすべてチェックしないとお気が済まないって人なんでしょうか…頭が下がります。

日蓮さんのお言葉でも池田さんのお言葉でもなく、私には優しい祖母の言葉なんで何にでも効くはずなんですが、ちょっと人目が気になります。迫害や蔑みの気配も漂いがちですからね…。

ということで、ありがとうございます!
Posted by 映太郎 at 2005年02月17日 06:41
・・・ごめんなさ〜い。
寝込んでるなんて知らなくってメールしたりして。
もう大丈夫ですか?

今コメントを書いている、右サイドには
月はでてないです。メインでは表示されますが。

私の周りは幸い今年にはいってからの風邪ひきさんはいなくて、何とか無事にすごしています。
それより地震もあったけどそっちはどうでしたか。
寝込んでる時にグラグラそれも明け方。
東京近辺の人がお友達サイトに多いわりには
一人しか書いてなかったからたいした事なかった
ようですけど。

声やぬくもりが届く枕もとですか。
実はおばあちゃん子?でも優しいおばあちゃん
だったんでしょうね。一番の薬だったようで。
きっと今でも見守ってくれてますよ。
元気になってくらはいませ。
BGMはマッキーの「MILK」でした。
Posted by Ageha at 2005年02月17日 12:17
>Agehaさん、こんばんわ!
今がいわゆる闇み上がりってとこでしょうか。

ちなみに、
お月様はトップだけにしました。こちらでも不具合がでると困るので…。

地震はかなり揺れましたよ。一瞬かなりの大きさも覚悟しました。6車線の国道と4車線の首都高の合計10車線道に面しているせいで毎日揺れていますから、ちょっ鈍くなってます。

完全におばあちゃん子でしたね、恥ずかしながら。
で、顔は見えませんでしたね、残念ながら。
Posted by 映太郎 at 2005年02月17日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。