朝からマラ五を聴かされて…

2006年06月02日
 朝からマラ五かぁ…。
 それも出勤直前にアダージェット聴かされるとはなぁ・・・・・。

音楽のある風景
 マーラー交響曲第五番 アダージェット

 マーラーが愛人との情事を交響楽で表現したというマラ五アダージェット。甘くマッタリとしたハーモニーが、まるで思いっきり誰かをじらすようにゆっくりとそして徐々に盛り上がって…逝く。

 出勤直前の私の目の前で、マーラーは何十万回目のピークへとナニかを盛り上げて逝く。

 他人のセックスを覗き見したくなったら、たまにはこんな方法もいいかも知れない。

 まぁ厳密に言えば…、
 覗き見ではなく盗み聴きなのだけれど・・・・・。
 


 カゴメトマトジュースを一気に飲み干し「さて今日も頑張るか!」…と食卓を離れるようとした矢先に始まる、まったりとしたマラ五アダージェットも格別?…いや、さすがに大好きな曲でもタイミング次第ではあまり喜ばしいモノではない。

 これから眠ろうとする時間ならまだしも、これから仕事って朝のそんな時間にそんな曲を聴いてしまうと、テンションはみるみる内に急激な下降を始める。

「なんだかなぁ…」

 画面のこちら側で下がるテンションをよそに、画面の中の夕景のBGMは徐々に盛り上がっていく。かつてマーラーのベッドの上で盛り上がったナニかを完璧に再現していくアダージェット。

 ナニかを再現するなら、せめて寝床につく直前にして欲しいものである。



…なんて記事を書いている今は日付も変わった午後25時。ふと目の前の画面に同じ番組が流れている。だが、BGMはなんと「愛燦燦」。 

「なんだかなぁ…」

 放送時間をちっとは考えて欲しいものである。別のテンションがまた予期せぬ方向へ落ちていくし…。
posted at 2006/06/02 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。