花の名前は例え忘れても…

2006年05月19日
 たまには花でも飾ってみっかな…。

single pegmo金曜日には花を一輪…

 大好きなカモミール・シングルペグモを一輪…。
 
 大して意味は無いってば…。

 男だってたまには花を飾ったっていいではないか。



 小学校の頃の家庭訪問の時、友人宅へ先生を送ることになっていた。たしかその時、先生は道端の花を見つけてはしきりにその名前を教えてくれた。

 その時に教えてくれた名前は何も覚えていない。でも、教えてくれた先生のことは忘れない。きっと一生忘れないだろう。

 ふと見かけた花の名前を、ふとそこに居合わせた誰かにそっと教えられるような人になりたいと、その時ふと思ったものである。

 奇しくもその後、私は花屋になったお陰で花の名前には苦労していない。今となっては花屋を諦めてしまったものの、そんな道を歩んできたのは、あの先生のお陰だったのだろう。

 キッシンジャーに似ていたので“出雲ンジャー”と呼んでいた小6の担任は今もういない。でも、これからも一生忘れないだろう。花の名前を教えてくれたあの人のことは。 



 道でふと見かけた花の名前を誰かに、そっと教えてあげられるような人に、私ハナリタイ。

 ソノ花ノ名前ヲ誰カガイツカ忘レテシマッタトシテモ、私ノ名前ダケハ忘レラレナイヨウナ…、ソンナ人ニ、私ハ、ナリタイ。
posted at 2006/05/19 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
映太郎さん、こんばんは。
おっと、一日遅刻してしまいました。

>金曜日には花を一輪…

そっかあ、花金ということかな。( ~ё ̄) -☆

道端に咲く草花の名を子どもたちに伝えるのも私の仕事のひとつだと認識しております。
映太郎さんの先生への想い・・・永遠でありますように。

Posted by Risu at 2006年05月20日 21:41
Risuさん、毎度です!

花金に…、
何んか用事があったら、花なんて飾ってませんよ。

考えてみれば…、
例え教えた時にはその名を覚えられなくても、それでいいのでしょうねぇ。教わった記憶さえ残れば。
Posted by 映太郎 at 2006年05月20日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。