ハッピーバースデートゥーユー♪

2006年05月07日
「ハッピーバースデートゥーユー♪」 
 その歌が流れるシーンだけもう一度観たいものである。

生きる生きる

監督 黒澤明
出演 志村喬

 あのシーンを初めて観た時、「あぁ映画ってこうやって作るんだ」と、やたら感心した記憶がある。
 


 主人公が偶然居合わせたと或る喫茶店の二階席。見知らぬ“誰か”の友人たちはその“誰か”の誕生日を祝う席を用意し主役を待っていた。

 ふとその場に偶然居合わせた主人公が、“何か”大切なことに不意に気付き、自分の時間が残りわずかなことをあらためて痛感してあわてて席をたち階段を降りていく。

 主人公が見知らぬ“誕生日の主役”と階段ですれ違う時、その背後から「ハッピーバースデートゥーユー♪」の大合唱が二人を包み込む。

 惰性だけで生きていた主人公が不意に自分の人生を見詰め直した時、見知らぬ他人の為の“誕生日を祝う歌”が、彼をそっと祝う。

 まるで、彼がたった今この世に生まれ出でたとでも祝っているかのように…。



 43回目ともなると、そんな歌はどこからも聞こえない。

 かといってそんな歌を聴きたいが為にこんな映画を観るのもちとシンドイ。自分の惰性の速度を改めて痛感させられそうでもあるし…。
posted at 2006/05/07 05:34 | Comment(6) | TrackBack(1) | 映像批評
この記事へのコメント
おめっとうさんです!
幾つになってもめでてーと思いたいですね。

あっちだとちょっとカワイイ絵柄が
祝福してくれますよね?(笑)

爽やかな時期のお誕生日って羨ましいですわ〜。
Posted by KaN at 2006年05月07日 16:44
>KaNさん、毎度!
ありがとさんです!
でも、めでてーモンですかねぇ、幾つになっても?

爽やかな時期? ん?
どうやら爽やかな時期ではないらしい…。
Posted by 映太郎 at 2006年05月07日 17:00
(♪BGM:愛燦燦)

いつもながら、”映太郎”さんの視点の素晴らしさに感服させられます。この映画は私も大好きで、早速TBの打診をさせて頂きました。

「その歌が流れるシーンだけ」と言わず、最後まで何回も見て頂きたいと思います。 y(^ ^;)>

今後も、”映太郎”さんのブログ 楽しみにしています!
Posted by 欲張り父さん at 2006年05月08日 18:30
欲張り父さんさん、毎度です!

コメントにBGM指定された方は初めてですねぇ。
ちなみにその歌、私は小椋バージョンで歌います。

何年かに一度必ず観る映画といえば、私は以前「太平洋ひとりぼっち」を繰り返し引っ張り出しては観てました。理由は自分にも判りません。

ハッピーバースデーといえば、
スティービーの歌も好きですねぇ。
キング牧師の生誕を祝う日を熱望する曲。奇しくも日本ではその日はすでに祝日化されているから、そんな運動は必要ありませんでしたけどねぇ。

>いつもながら、”映太郎”さんの視点の素晴らしさに感服させられます。

この上無き励みとさせて頂き、神棚に飾っておきまする。まぁ実際、神棚も仏壇も我が家にはありませんけど…。
Posted by 映太郎 at 2006年05月10日 07:22
本当に目から鱗が落ちました!!
余命幾ばくも無い主人公の老人が階段を駆け下り、誕生パーティーの主賓で青春真っ只中の女学生が階段を登って行く。正反対の境遇の二人がすれ違う時、その背後から「ハッピーバースデートゥーユー♪」の大合唱が二人を包み込む。やるべき事を見つけた彼を、たった今この世に生まれ出でたとでも祝っているかのように…。 成る程・・・そういう事だったのかぁ!納得。 おまけに「映画ってこうやって作るんだ」と、感心されたとの事。なんという感受性!

>コメントにBGM指定された方は初めてですねぇ。

そんな想像力豊な”映太郎”さんが「43回目ともなると、そんな歌はどこからも聞こえない。」 ???な・なんでぇ? 体調悪いのかしら?(5/10の記事を読んだら益々心配になるが・・・) それじゃ〜聴かせて進ぜましょう!と色々考えました。

(仮想プレイス:うちの近所の大谷の洞窟)
これは私の住所が特定出来る上に、二人にしか聞こえず、ダメダメ!
(♪君のぉ〜誕生〜日、二人〜祝ったよぉ〜 あれはぁ〜)
益々落ち込む、ダメダメ!
(♪年を取るのは素敵なことです、そうじゃないですかぁ〜あ〜)
ダメダメ!「新手の嫌がらせですかぁ?」と突っ込まれるのがオチ。

映画 『生きる』 と43回目の”映太郎”さんの両方に掛ける歌は・・・「人生って えぇ〜 嬉しいものですねぇ〜」で落とすしかなかったのです。私も小椋バージョン好きです!元気出して行きましょう!!
Posted by 欲張り父さん at 2006年05月11日 00:35
to 欲張り父燦燦, Hello Again♪ BGM by GoS









涙…。
Posted by 映太郎 at 2006年05月11日 03:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

生きる
Excerpt: 2006/2/23(木)  私には定期的に繰り返し観る大好きな映画が2本あります。 フランク・キャプラ監督の 『素晴らしき哉、人生!』 (1946年) と 黒澤明監督の 『生きる』 (1952..
Weblog: 欲張り父さんの航海日誌
Tracked: 2006-05-08 18:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。