御巣鷹の尾根

2004年08月12日
「御巣鷹」の文字が日本中を駆け巡ったあの日から、もう19年も経っていたとは…。

≪日航機事故 群馬・上野村の神流川で灯ろう流し≫
◇85年8月12日に起きた日航ジャンボ機墜落事故の犠牲者520人の冥福を祈る灯ろう流しが11日夕、墜落現場ふもとの群馬県上野村の神流川(かんながわ)で行われた。
◇事故から19年。「いつまでも見守ってください」「安らかにお眠りください」「またきましたよ」。遺族がさまざまなメッセージを込めた約300個の灯ろうは、緩やかな川の流れに揺られて柔らかな光を放った。(2004/08/12/Yahoo/毎日新聞)

あれから15回目の夏を過ぎた頃だったか、それまで非公開だった操縦室内の録音テープが、メディアで報道されていたのを聴いたことがある。
 
けたたましく鳴り続ける警報音と、無表情であまりに無責任なコンピューターの合成音声。それらの無情な騒音を、打ち消そうとするかのように叫び続ける機長の力強い言葉。

頼もしい声は、最後の最期まで部下を励まし続ける。そのあまりに過酷な状況の実況音は、テープ公開当時舞台化もされたという。

その「音」は一瞬のノイズで沈黙に変わる。まさしくその瞬間まで、彼らが決して諦めず闘い続ける姿が浮かんできた。涙が止まらなかった。

忘れてならないのは、その激突までの彼らの努力が、4名の命を救ったことだろう。詳しい知識は無い。だが、結果的に斜面に墜落し衝撃が和らいだのも一因だったと思う。

たった4人…524人中のたった4人を、彼らが救ったのだ。異常発生から激突までの30分間、操縦室の3人だって怖かったはずなのに…。

詳細を克明に記録したサイトを見つけた。

日航123便(JA8119)
御巣鷹山墜落事故の真実
サイト⇒リンク


「見上げてごらん夜の星を♪」(坂本九)
…たしか7時ちょっと前だったかとふと思い出し、見上げてみた。

8月12日の午後6時55分頃。
昼と夜の境目の、マーマレード色の空を…。
2004/08/12…by映太郎

この記事は、
YahooGeoCities版★映太郎の映像批評★
2004/08/12/Log-no0052
≪御巣鷹の尾根≫より移植
posted at 2004/08/12 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 報道批評
この記事へのコメント
こんなサイトもありました。
Posted by ヒコウキ at 2005年04月16日 13:00
ヒコウキさん、こんにちわ!
情報ありがとうございます。コメントがあまりにシンプルなので、怪しい情報かと思い、ちょっとドキドキしてしまいました。
Posted by 映太郎 at 2005年04月17日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1680205
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。