AED使用法広告スポンサー募集

2006年04月18日
 企画のみで、残りは全て他人に任せるなんて、やはりちと無謀であろうか。

 まぁ一応募集してみっかな、無理を承知で。

≪スポンサーを探しています!≫

「あなたは、AED機をご存知ですか?」
「ハイ!」
「ではご存知と答えたあなたは、使い方をご存知ですか?」
「…、・・・・・。」

 昨今徐々に設置数を増やしつつあるあのAED機の使い方を、たった数十秒の映像を使い、観た人たちにたった一瞬たった一回で告知する公共広告の映像を作ってくださるスポンサーを探しています。

 やっぱ無理だろ、どう考えても…。
 
≪スポンサーを探しています!…追加募集≫

 できればスポンサーの他に、シナリオを書いてくれる脚本家、それから実際に製作してくれる映像製作会社、それからそのスポット映像をゴールデンタイムに放映してくれるテレビ局も、同時に探しています。


 まぁ冗談として受け止められるなら、それはそれで構わない。ってことで、さらに続きを懲りずに貼ってみる。

≪AED機使用方法告知映像製作者募集詳細≫

 ただ一つ決定していることはその映像の趣旨だけです。

 少しずつとはいえ着実に普及しつつあるAED機。これからの問題は増えつつある設置数よりも、その使い方をどれだけ多くの人に告知できるかだと思われます。

 そのためには、メディア上で最も目立ち、最も多くの人より注目を集めるだろう方々に、目の前で実践するかのように、映像の中で使って欲しいのです。

 できれば一瞬の映像で。できれば注目を浴びること間違いなしの豪華キャストで。

 どこかに、そんなことを全て請け負ってくれる奇特な方々、いらっしゃいませんか?

 注目度で云ったら、やはりジャニーズに頼む他ないな。ふむ、だとすれば誰を心臓発作にさせるかが問題だが、やっぱ中井君辺りが妥当な線だろうか。

 ってことで、さらに詳細を追加せねばなるまい。

≪AED機使用方法告知映像出演者交渉に関して≫

 さらなるお願いです。できることならば、そんな無理な出演交渉をしてくれる方も探しています。

 こんな企画、どこかの企業で請け負ってくれないかな。企業PRにはもってこいだと思うのだが…。



 突然縁起でもないことを書くことになるけれど、実際問題として誰か超有名人や芸能人やタレント、ミュージシャンかなんかが本当に心臓発作で亡くなるなんてことが起きれば、ムーブメントとして急激に何かが動きだすのだろう。

 だがそれでは遅いのだ。

 だからこそ、そんなことが起こる前の今現在、こんな企画を半ば冗談で、しかし実はかなり真面目にブログで公にしている。この記事、結構真剣に書いているのだが、こんな企画をどこかの企業が真剣に拾ってくれたら、それこそ素晴らしい映像が出来るだろうに。

「誰か〜、大企業の社長さんよ!
 日経新聞ばっか読んでないで、たまにゃブログくらい読んでくれよ〜! この企画ただで譲るからさぁ。」
posted at 2006/04/18 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDとは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16740803
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。