おじゃるとセミラとニーニーと

2006年04月15日
 4月も半ばに差し掛かり、あちらこちらでは桜が散ったとかいやまだ咲いているとか云っているというのに、南の方では早くもセミが鳴き始めたという。

 その地宮古島に、今年最初の“せみら”が現れたわけだ。

DVD「約束の夏〜おじゃるとせみら〜」約束の夏
〜おじゃるとせみら〜

短い命を精一杯遊び尽くすセミラと、ちょっとだけイヤイヤながら遊びに付き合うおじゃるの友情と別れ…。

 誰か、“おじゃる”のように一緒に遊んであげてるのかな。
 
 ちなみに、つい2、3日前に蝉が鳴き始めたという宮古島のその蝉の名前は“ミヤコニーニー”なのだとか。

 まぁそんな名前の蝉がいたってのもちょっとユニークな話ではあるけれど、それよりも桜の花の便りと蝉の初鳴きの知らせが一緒くたにニュースになるってこともまた面白い。

 日本に生まれ日本で暮らして40年以上になるが、いまだに小さき日本の変な広さを痛感してしまった。

 そう言えば、せっかくアフィリエイトしたのにまったく触れないのも何なんで、「約束の夏〜おじゃるとせみら〜」について一言だけ。

 けっこうホロリとさせられます。

 ハイ、ワタクシ…、ナニをカクソウ、コノテのハナシにメッポウヨワイのでアリマスル。
posted at 2006/04/15 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報道批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16616080
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。