ダチョウが表現する歓び

2005年01月18日
やはり何度見ても凄いと思う。
昨年も驚いたが、今年のバージョンでは仲間も増え集団で滑っている。楽しそうではないか。

≪JAPAN SNOW PROJECT≫
JR・JAL・ANAを象徴する3羽のダチョウが、
踊り、滑り、飛びます!

WE WANT SNOW!

出演 ダチョウ1 ダチョウ2 ダチョウ3
絶叫 クリス・ペプラー
作曲 内山肇 編曲 KAGAMI
ロケ ニュージーランド
JR東日本「えきねっと」サイト⇒リンク
       同CF紹介ページ⇒リンク

日本中の視線を一身に集めるどんなアイドルだろうと、名も無き一匹の、いや架空の3羽のダチョウの愉快な仕草には勝てない。
 
CFの必勝要素として、子供や動物の映像がよく起用されるが、わかる気がする。そこに映るキャラクターには、万人に愛される理由があり、たった一人にも嫌われる理由が見当たらない。

 −・−・−・−・−・−

若い頃は、スキーにもよく行った。

東京からの手軽なスキーエリアとしては上越方面が一般的だが、あまり利用しなかった。初めての“行きつけスキー場”は、信州白樺湖近くの車山だったし、雪道に慣れてからは万座をよく利用した。手軽とは言い難い距離だったが、いつも空いていて私は気に入っていた。

休みの前の晩、ふと出掛けることも多かった。いや、実際一人での日帰りスキーがほとんどだった気がする。週末の予定なんてものとは無縁である。思い立つのも突然だった。だんだんエスカレートしていくと、夜中の1時に思い付き、3時には出発なんてことも何度かあった。深夜だろうが、突然思い立ったらその瞬間が吉日だった。

深夜にいきなりワンダーシビックのタイヤを交換し、最低限の荷物を後部座席に放り込んだ。CDラックから“お気に”を1枚選び、無理矢理カーステに接続したポータブルCDプレーヤーにセットすると準備完了。再生ボタンを押して出発である。

ちなみに車載CDデッキが発売される若干以前のことである。スキーに行く車の中は、当時私の最高のリスニングルームだった。

年に10回を越えることもあったが、あまり大勢でいった覚えはない。バイトの休みが親しいスキー仲間と合わかったのだ。日帰りスキーはいつも一人だった。

黙々と練習に打ち込むには、一人が一番好都合だった。つまらないコースを選んでしまっても誰にも文句を言われず、他人のトイレに付き合わされる不安もない。食事も好きな時間に取れるし、気が向かなかったら突然帰ることも翌日の朝帰ることだってできる。

平日が休みだった私は、ガラガラのゲレンデで一人の気軽さを色々な意味で満喫した。

 −・−・−・−・−・−

話をCFに戻す。

それにしても、何度見ても合成とは思えない。その映像には、合成の「ご」の字も見当たらない。完全にその架空のスキーツアーに取り込まれてしまう。

昨年のバージョンでは、とにかくスキーができる歓びを、その突飛なスキーヤーの全身で表現していた。百年間封印されたスキーヤーの呪いが解け、ゲレンデに解き放たれたようなお伽噺に思えた。

今年のバージョンでは、ダチョウが仲間と楽しそうに滑っている。途中で一人が転んだり、ロッジに入って雪を振り撒いたりと、だんだん芸が細かくなっている。去年の彼は、いつの間にか仲間を集めていた。

中でも、ダチョウが転ぶシーンが気に入っている。転んだダチョウとその脇で彼を覗き込む二人のダチョウ。

一人が一番気が楽だと空威張りしていたスキーヤーも時には転んだ。そんな時、周りに笑ってくれる仲間が誰もいないことを思い知らされた。たった一人で滑ることの寂しさを感じる瞬間だった。

仲間と共にスキーを楽しむ喜び、爽快感を3羽のダチョウが身体いっぱい表現します。

CFの内容紹介にもコンセプトが記してあった。ふむ、たしかにそのコンセプトは、私の胸に突き刺さった。

 −・−・−・−・−・−

スノーボーダーという新興民族が毎年増殖し、スキーヤーという先住民族が居住区を追われているなどとの報道が、ここ1、2年見られなくなった。根本的にゲレンデ上に人が集まらなくなってしまったらしい。

去年のCFは、
「とにかくスキーに来てくれ!」
…だったが、

今年は一歩進んで、
「どうせなら、仲間を連れてきてくれ!」
…ということらしい。

どうせならクリス・ペプラーに叫ばせるキャッチコピーも、単刀直入なものに変えてみればよい。

WE WANT SKIER!

 スキー客が欲しい〜!

そのスキー客という意味に、スキーだとかスノボだとかの区別はいらないだろう。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2005/01/18 18:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 広告批評
この記事へのコメント
うちはあまりTVを観ないので
JAPAN SNOW PROJECTのCF観たことなかったのですが
記事読んで面白そーだったので
リンクのあった「えきねっと」で観ちゃいましたv

このCF、ホントに面白いっ!
いつかダチョウさんくらいスキー上手くなりたいなぁ(笑)

車山や万座によく行かれてたんですね。
私はどっちも行ったことないけれど
車山はツアーが安いから、いつか行ってみたいと思っていました。
雪の季節は、平日休みな人が羨ましいです(>_<)

最近スキーヤーが増えてきたと思うのは、気のせいでしょうか?
私みたいに、スノボから入った人たちが
ある程度滑れるようになって
次はスキーに挑戦しようって人がおるのかな?と思ったのですが。

ゲレンデが混むのはイヤだけれど
スキーやスノボを愛する人は、もっと増えてくれると嬉しいな♪
Posted by シリウス at 2005年01月18日 19:33
>シリウスさん、こんばんわ!
ダチョウさんたち巧いし、楽しそうですよね。

何事も楽しそうな姿を見ると、同じことしてみたくなりますよね。そういう意味でも巧いCFだと思います。

スノーボーダーも飽きてきたってことでしょうか。飽きてスキーに行くのはいいけど、飽きて山下りちゃう人もいるんでしょうねぇ。
Posted by 映太郎 at 2005年01月18日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1628843
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。