女子ホッケーと銀座線の関係

2004年08月10日
漫画まで登場とは。 
ともあれ、メディアで目立つことはいいことである。

≪女神たちのスティック≫
『一本のホッケースティックに
  未来を懸けたひたむきな情熱に幸あれ!』
女神たちのスティック◇女子ホッケーが初めて漫画に─アテネ五輪に初出場する女子ホッケーチームが、12日発売のサラリーマン向け漫画誌「ビジネスジャンプ」(集英社)に登場する。◇…読み切り24ページ。原作は門脇正法さん、作画は森永茉裕さん。資金難にもめげず、ひたむきに競技に打ち込み、夢を実現するまでの過程が描かれている。◇…ホッケーは野球やサッカーとは違いマイナー競技。それだけに制作に協力した日本ホッケー協会は、「選手たちも喜んでいる」とアテネでの活躍とイメージアップに期待を寄せる。(2004/08/07/産経新聞)

かつて私は競技ダーツをしていたが、「真ん中狙うヤツ」とか、「暗いゲーム」など言われ扱いは最低だった。
 
近頃になりアーケードゲーム風100円ダーツが、やっと流行りとなっている。とはいえリーグ戦をこなしていくような競技ダーツは未だにマイナーである。

マイナー競技にとっては、とにかく目立つことが必要だろう。知名度UP、裾野拡大、競技人口増、そしてさらにいいプレーヤー出現って具合にことが進むとありがたい。

 −・−・−・−・−・−

今回の資金不足は、メディアに取り上げられ、結果的にスポンサーが付くこととなった。彼らが探しているのは、とにかく目立つモノ、目立つコト、目立つヒト。そんな彼らに見つけてもらう為にも、一際目立つ必要があった。資金不足の団体なんて山ほどあるのに、特に目立ったからこそマクドナルドが名乗りを上げたことになる。

ちなみにマクドナルドは、(資金不足報道後の)一番手の旨みをたっぷり利用しているようだ。協賛への名乗り上げ二番手企業が、マクドナルドの10倍資金提供をしたとしても、あれほど取り上げられることはなかっただろう。

 −・−・−・−・−・−

6月3日(木)「地下鉄銀座線、溜池山王-赤坂見附間のトンネル内(渋谷行き右壁面)にて、回転のぞき絵の原理を利用した映像広告が開始」との報道があった。

車窓に広がるパラパラ漫画のような映像のニュースクリップに映るCF第一号は「燃焼系アミノ式」。ここでも、サントリーがしっかりと一番手の旨みを手にしている。銀座線利用者なんてたかが知れてるのに、まんまと全国ネットに流れたわけだろうし。

それにしても、朝の情報番組で放送前の新CFをよく取り扱っているが、目立つべき目新しさがさほど見られ無くても扱われている気がする。学校や職場でのくちコミさえも期待しているようだ。

目立ってはいけないはずの広告代理店の意図が、かなり露骨に目立ってきた気がする。
2004/08/10…by映太郎

この記事は、
YahooGeoCities版★映太郎の映像批評★
2004/08/10/Log-no0047
≪女神たちのスティック≫より移植
posted at 2004/08/10 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報道批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1603005
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。