関東大地震と関東大震災

2005年01月16日
途中から覗いたTBSの報道スペシャル番組では、もういつ起きてもおかしくない大地震の恐ろしさを伝えていた。

みのもんたが大地震の恐怖と不安を執拗に煽る。
JNN報道スペシャル
阪神大震災から10年『今そこにある危機』
目前に迫る巨大地震と津波の驚異を徹底検証
(2005/01/16/TBS)

元山岳部という池田裕行氏が、震災時に心配される多数の帰宅困難者を実地体験するべく、徒歩帰宅に挑戦していた。
 
東京駅を正午12時に出発し、自由が丘へと向かう。
六本木を通り、そのまま246を渋谷三軒茶屋へ歩く。三軒茶屋辺りからなぜか住宅街に入り、野沢を抜け、4時頃にやっと自由が丘駅に着いた。

そんなとこ通るのか? 
ちょっと違う気もするが、まぁいいか。

 −・−・−・−・−・−

番組では、大地震後の火災から発生する火災旋風の恐ろしさも伝えていた。番組の全てを見ていないのだが、ある意味これが一番恐ろしいかも知れない。

そういえば、被服廠跡の壮絶な惨状は小学校の時に体育館で見せられた。子供ながら絶句した覚えがある。その犠牲者の数を忘れても、その白黒映像に映し出された“犠牲者達の山”とその「被服廠跡」という不思議な名前は忘れていない。

あらためて検索すると、空き地に避難した4万人のうち3万8千人が犠牲とある。14万人に及ぶ関東大震災の犠牲者数から考えれば、その被服廠跡一箇所で3万8千人が一瞬にして犠牲になったというのも驚きである。

 −・−・−・−・−・−

話を若干そらす。

いつのまにかごちゃ混ぜになっていたが、よく考えてみれば微妙に意味が異なるという言葉がある。自分で使っていたり誰かが勘違いして使っていたりするのをたまに耳にする。

子は親に怒られ
 親は子供を叱る

教育としての“叱る”という言葉と、感情的な“怒る”という言葉が、子供はごちゃ混ぜになっている。だがたまにいい年の親が平気でごちゃ混ぜに使っていたりすることがある。

子はお使いに出され
 親は買い物に出かける

たまにお使いに出かける大人を見かける。誰に使い出されているのやら、本人には自覚がない。ちなみに私の子は親にむかって優しく「おいで!」と言っている。

話を戻す。

先の不安扇動番組の最後に紹介されたある学者の言葉は、私自信の勘違いを是正してくれた。関東大地震を予知したという一人の学者の言葉である。

地震と震災とは違います。

地震を人の力で押え付けることはできませんが、

震災は防ぐことができるのです。


ふむ、納得した。
改めて考えれば当然のことなのだが、いつのまにか一緒くたになっていた。

私の場合、「関東大震災」という言葉の方が馴染み深いが、時に「関東大地震」とも言う。

白黒の世界の中を、大きな荷物を背負った人がピョコピョコと避難していく映像が目に浮かぶが、あれは「関東大震災」の映像と言える。「関東大地震」の映像ではなかった。

ちなみに、その言葉の主の名前を見損なってしまったので、番組終了後に検索してみた。どうも今村明恒教授のことらしい。

今村明恒氏
東京帝国大学地震学教室教授…大地震に一定の周期を見いだし、地震を予言した最初の地震学者である。
≪関東大震災を予告「今村明恒物語」≫
サイト⇒リンク

言葉の主が本当に今村明恒教授のものかは定かではない。

 −・−・−・−・−・−

ところで、
テレビ番組ってモノがつくづくタレ流しってことに思い知らされた。終った番組の情報など、検索してもどこにもないことが多い。やっと見つかっても書いてあるのは、大した情報ではない。繰り返す、大した情報ではない!

大した情報…
JNN報道スペシャル
阪神大震災から10年『今そこにある危機』

 司会 みのもんた
司会は誰でもよい。

みのもんたでも池田裕行キャスターでもはたまたフジの佐々木恭子アナでもよいのだ。映画だって見終ってから余韻に浸りゆっくりとパンフレットを見ることがあるだろうに。

検索すると関係ない情報がたくさん湧いてきた。
マンション購入?それもフジのアナと?…えぇぇ???

池田裕行キャスター!
佐々木恭子アナと共同購入したマンションってのは、もしかして自由が丘にあるのかい?
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2005/01/16 20:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 放送批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

商人の自伝に記された大正関東地震
Excerpt: 「自伝抄録・祖父の肖像」より、関東大震災の記述(抜粋)。 『………私の付近では潰
Weblog: 梟の森
Tracked: 2005-02-12 19:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。