2.298円のラジコン飛行機

2006年03月24日
 以前フェザー・プレーンに関し、最近ではRC化―つまりはリモートコントロール化―されているという驚愕を、作り方を記した本のアフィリエイトと共に記事にした。

 で、結局のところ「物臭な人間は完成品が欲し〜い!」なんてまとめで落ち着いていたが、ふとアマゾンをチェックしていたら、なにやらお手頃RC飛行機の完成品が紹介されていた。

エアロウィングス バイウィングスエアロウィングス
 バイウィングス

価格¥2,298税込(03/23現在)
(株)シー・シー・ピー⇒リンク

 2.298円? ほー、フェザーとまではいかないが、価格もかなり手頃ではないか。
 


 厳密に言えばフェザーでもインドアでもない。だが、かなりの速度で飛び回るかつてのバカでかいラジコン飛行機よりはかなりフェザープレーンにも近くインドアぽい雰囲気。

 なにせ我々が子供の頃に知っていたラジコン飛行機と言えば、エンジンのけたたましい排気音が当たり前であった。それが今では、駄菓子屋で売っていたあの発泡スチロール製数百円の飛行機のような姿になっている。

 インドアプレーンの記事を書いた時も考えていたことだが、こいつがとても手軽で身近に思えるのは、やはりそんな小ささと軽さと遅さだと思う。

 初心者にも手軽に扱えそうな小さい機体。落ちても何も壊さずかつそれ自体も壊れなさそうな軽さ。そして初心者でもなんとか操縦できそうな飛行速度の遅さ。

 ふむ、このエアロウィングスのバイウィングスとやら、どの条件も期待できそうな雰囲気。

 ちなみに、羽一枚のタイプもあるらしいが、羽二枚のこのタイプの方が速度も遅く扱いやすいのだとか。

 うぅぅ、こりゃ大人買いしたくなる。

「子供に!」とか言って、まず自分が楽しみたいお父さんがいかにも飛びつきそうである。



 あぁぁ、それにしても、私が子供の頃はラジコンなんて憧れであり、憧れでしかなかった。 

 ラジコン飛行機どころかラジコンカーでさえ、クラスに一人か二人くらいしか持ってるヤツはいなかった。そのあまりの高値に、子供ながらにも親にねだる前に諦めていたものである。それが今やこの値段とはな。

 まったく…、現代のお子ちゃま方がホント羨ましい。
posted at 2006/03/24 00:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
これのバイウィングはマジでよく飛びますよ。
初心者でもすぐ自由に操縦できるようになります。オススメです。
ただし風には弱いです・・・
Posted by yuzuru at 2006年03月24日 09:54
yuzuruさん、こんにちは!

ですねぇ、
やはりネックは風なんですね。こっそり体育館にでも忍び込んでやりたくなりますねぇ。

どっかいい場所ないかな。場所の問題をクリアしたら、すぐにでも注文しそうですよ。
Posted by 映太郎 at 2006年03月24日 11:15
映太郎さんこんにちは。
体育館より小さな広場でも普通に楽しめますよ。落としたりぶつけたりの心配は無いですが、高く上げすぎて木に引っ掛けることがあるので木には注意です。
理想は原っぱですね。季節もいいし、天気の良い日に自然公園とか行くと最高です。(^^
Posted by yuzuru at 2006年03月27日 00:33
>yuzuruさん、毎度です!
私も広い芝生のある公園なんぞを想定してはいるんですが、なんだかギャラリーも集まりそうですねぇ。ちと不安。

いかん…、
購買意欲が急上昇してる。話題が完全に購入を前提にしつつあるな。忘れねば、忘れねば。

うぅぅ…、
でもやっぱ一度は操縦してみたい・・・・・。
Posted by 映太郎 at 2006年03月27日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。