PSEなんて要らない!

2006年03月18日
 ワタクシはPSEに反対する。

NO PSESAY NO TO PSE,
 MORE LOVE FOR JUNK.

 どう考えてもゴミを増やすとしか思えない。
 
 どこかの報道番組で、リサイクル業者の男性が愚痴をこぼしていた。

「検査器具を貸し出すとか言ってますけどね、数十万軒の店に貸し出してたら、今すぐ申し込んでもいつになるかわかりませんよ、まったく…。」

 ふむ、確かに。「検査器具を貸し出しますから」とか言っても、とりあえず文句を叫ぶ人々を黙らせる為の言い訳でしかない。

 そこら中のリサイクルショップが検査器具の貸し出しを待てず、かと言って在庫の品は売れず、新規の買取は滞って街には粗大ごみが溢れかえる。

 やっと人目に戻り、今や一部の世界共通語にもなりつつあった“もったいない”という言葉さえ、近いうちに再びゴミと化し、PSEマークを得られなかった電化製品と共に葬られてしまうではないか。

 このPSEに関する考え方、すべてがリサイクルという物の流れに矛盾している。こんな馬鹿な法律、誰が考えたんだか。

 確かなことは、こんなシステムを考えた者たちこそ、役に立たない不要品であるということ。
posted at 2006/03/18 23:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 報道批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

PSEはどないなったの?
Excerpt: アハハハハ・・。 物持ちがいいのかそれとも買い換えずに頑張って使ってるというか 20年選手の電化製品もあるんですけど。 ・・この辺てもう なんかあっても修理なんかできへんのやろうな。(笑) この前な..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2006-03-30 10:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。