バウアーバウアーイナバウアー

2006年03月13日
 世の中、何でも彼んでも「バウアーバウアーイナバウアー」と、ちょっとはしゃぎ過ぎではあるまいか。

 名コンビ伊東四朗と三宅裕司によるあの名作番組のタイトルが、心の中でふと蘇るようである。

 「いい加減にしなさい!」

 あの二人に、一言厳しく言って欲しいものである、などと思ってみたものの、タイトルがちょっと違う気が…。
 


「いい加減にします!」
 
 懐かしい。あの番組は好きだった。私がまだ日テレでバイトしていた頃のことだったな。剣の達人と、その弟子のコントが忘れられない。



 囲炉裏端に座る二人。もちろん伊東氏と三宅氏。師はいきなり弟子の頭を叩く。それを鍋のフタでかわす弟子。

 しつこく叩く師。その都度様々な物でかわす弟子。時には鍋でかわすのだが、そこは当然のように、鍋の中身をかぶる弟子。



 あの間はとてもよかった。

 時に予想を裏切るオチで笑わせ、時には期待を裏切らないオチで笑わせてくれた。しかし、観る者の根底に横たわる漠然とした彼らへの期待は決して裏切らない番組だった。

 当時私はアシスタントのバイトだった。

 撮影の合間に不意に出る弁当。「今のうちにメシ食っちゃって」などと言われ、2、3分でメシを食わされた。仕事場での早食いのクセがついたのはあの職場であった。

 そんなせわしない職場での唯一の楽しみは、スタジオの隅に置かれたモニターで本番撮影中の映像を見られることだった。モニター前では頭上にマイクが吊るされていた。笑い声の録音用である。

 そうか、あの番組には、私の笑い声が収録されているのかも知れないな。

 イナバウアーを使った駄洒落に無邪気に踊るマスコミをネタにしておきながら、いつしか話題は懐かしい名作の思い出にズレている。余談の締めはやはりコレか。

「いい加減にします!」



 それにしても、先日カメがイナバウアーをするとかいったニュースを黙って見逃していたら、今度はカワウソがイナバウアーをするとか何だとか。

 おいおい、黙って見てりゃまた調子に乗りおって。伊東三宅コンビが怒るぞ。

「いい加減にします!」

 いや、だからぁ、「します」って言われても。

 で、物は試しにイナバウアーネタとやらをニュース検索してみた。出るは出るは、これでもかというほど出てくる。

◆カワウソが荒川選手顔負けのイナバウアー

 やっぱ締めはまた風太でも出てくるんだろうか。今頃絶対訓練でもしてそうな気がする。

◆須藤元気がイナバウアーを試合に活用?

 須藤元気って、誰?

◆阪神井川がイナバウアーばりの身のこなしで?

 打球を避けただけだろうが…。

◆高田総統もイナバウアー宣言

 今頃女子プロレスラーもみんな特訓してるんだろうなぁ。

◆WaTツアーでイナバウアー

 WaTって、吉本所属?

◆民主党は逆イナバウアー 中川氏、謝罪皮肉る

 マスコミ意識したようコメントは、やはりメディア戦略の一環なんだろうか。タレント事務所のコメント原稿と何も変わらんな。

◆栃東感動、土俵で魅せるぞ、イナバウアー!

 土俵の上のイナバウアーと言えば、すでに先代貴の花が散々見せてくれたっけ。

◆赤星 荒川ばり?の「イナバウアー」

 球界のバウアーネタはどうも阪神ばかりのところを見ると、阪神首脳陣の戦略のような気がする。そのうち野村氏がこの辺りの戦略に便乗してきそうな予感。

 「岡田にバウアーさせたる…」などと言いそうな楽天野村氏。マスコミの期待を或る意味裏切らないお方だし。

◆ベッケンバウアー「ブラジルと決勝を」

 ほにゃバウアーなんてネタも期待してあえて「バウアー」で検索してみたら、皇帝バウアーがリストアップされてしまった。

 これぞまさしく否バウアー。失礼。

◆サツキの盆栽「イナバウアー」披露

 これは見事!と思ってしまったが、考えてみれば、或る意味盆栽はこの手の仰け反り姿が見せ処でもあるし、そこらを探せばイナバウアー盆栽なんて山ほど見つかりそうな気が…。

 参照記事…リンク

 まぁ間違いなく、今年の流行語大賞は確実だろう。



 なんだかなぁ…。彼女の美しいイナバウアーの魅力は、否定するどころかたっぷり魅了された一人であることを自覚しているのに、マスコミのイナバウアーネタの使い過ぎはやはり見ていられない。

 なんてことを言いながら、マスコミとまったく変わらん姿勢でイナバウアーを題材に追っかけネタを書いている自分がまったくもって情けない。

 話題の人、渦中の人に、「マスコミが押しかけて大変ですねぇ」などとほざく自覚無きマスコミ記者のようになってしまった。あっ、どこからか声が…。

「手前ぇこそ、いい加減にしろよ!」

 ふむ、本題の締めもやはりコレだな。

「ハイ、いい加減にします…。」
posted at 2006/03/13 02:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | 報道批評
この記事へのコメント
レッサーパンダが立った、
クマが頭かかえた、
かわうそがのけぞった、・・・で
ワイドショーや、ネットが騒ぐってことは
平和なんじゃないですかね〜・・・。
(と、まとめてみたりするひと)

イナバウアーそばってのもありましたよ。
・・・ただの天ぷらそばなんだけど
のけぞったえび天・・ってひねりもなんもない。(笑)

ただね〜、ブログもそうなんだけど
アクセス数はあがるんですよね。
キャッチコピーやキーワードとして最高なのかも。

はい、私もいい加減にします・・・。
Posted by Ageha at 2006年03月13日 11:48
追記です。

ちなみにただいまAgehaのブログは
「ポーション」祭りになっております。(笑)
ファイナルファンタジーⅫが待ち遠しくて
うれしがって書いたらド〜〜〜っと。
あの味はすごかったのでみんな一言どうしても
言いたいようで・・・。
Posted by Ageha at 2006年03月13日 11:51
昨日お客様より
「荒川静香に似てる」
と初めて言われた私(^_^;)。

やはりイナバウアーをマスターしなければいけないでしょうか…??
Posted by まりあ at 2006年03月13日 17:14
>アゲハさん、毎度どすなぁ。
で、何? ポーション祭り??。
ラブポーションNo9なんて歌があったが…。

で、ファイナルファンタジー?
それをネタにすると人が集まるんか?

まぁ、何も知らんでいい加減なこと書くと、それこそこのブログで、お祭り状態になるのも怖いしなぁ。後ほど勉強に伺います。
Posted by 映太郎 at 2006年03月13日 19:25
まりあさん、こんばんは!
まぁどういった職種かにもよりますが、やはりお客様は神様ですしねぇ。

もし期待されてるようでしたら、そりゃお見せした方がよいのではないでしょうかねぇ。

とはいえ、腰にはお気をつけください。事が事だけに、勤務中と言っても、保険適用の審査で弾かれるかも知れません。
Posted by 映太郎 at 2006年03月13日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14731079
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。