海辺の近くに住んでみた〜い

2006年03月12日
 一度でいい。

 ちょっと歩けば海辺に出られるような、そんな街で暮らしてみたいものである。そんな生活にいつの頃からか憧れているのだが…。

富士山 / 松 [ポスター]海岸まで徒歩五分。

 とはいえ、海までの所要時間を掲載した不動産情報誌なんてあるのだろうか。
 
 で、物件情報誌を探さずなんでまたアマゾンのポスターなんぞをチェックしているのか。まぁちょっとイメージしてみたくなっただけである。それほどの意味なんぞありゃしない。ちなみに冒頭の画像、よく見れば海辺ではなく湖畔かも知れなかった。

シーベンシー [ポスター]

 湖畔ならこんな風でもよいかもな。だが考えてみれば、湖はよくとも山はちと苦手である。虫が苦手な人間が、山間の湖畔なんぞで暮らせるわけがない。

 ふむ、やはりそういう意味では海の方がよさそうな気が…。

パームビーチ [ポスター]

 海は海でも少々能天気過ぎていかん。海外移住する気もないし。

ナイアガラの滝 [ポスター]

 海でも湖でもないし…。こんな所、きっと相当うるさくてノイローゼになりそうである。

ノイシュヴァンシュタイン城 [ポスター]

 いや、そりゃこんなお城に暮らせるのは有難いことではあるが、人気のヒの字もなさそうで静か過ぎるのもちと苦手だしな。第一こんな場所のこんなお城、冬は暖房費だけで破産しそうだし。そもそも海辺でも水辺でもないし。

モルディブモーニング [ポスター]

 見るだけならこんな楽園もよさそうではあるけれど、アマゾンでDVD頼んでも数週間は掛かりそうだし。

モルディブイブニング [ポスター]

 色々迷っているうちに日は暮れて…。

ブルーメンシー [ポスター]

 こういう湖畔なら少々迷うが、それにしても山間はやはり躊躇う。近くにコンビニがあればまだ寂しくなさそうだがなぁ…。

トレジャーアイランド [ポスター]

 離れ小島は勘弁して頂きたい。そんなとこで暮らせるほどサバイバルテクニック知らないし。ボーイスカウトでならった程度じゃ生きていけそうもないし。

Barbuda Beach [PP-30300] [ポスター]

 何も無いし…。それにしても何も無さ過ぎ。無限の彼方に旅立つ宇宙飛行士が携行するような薬でも持って行かないと、かなり不安になりそうである。

永遠の潮流 [ポスター]

 なんだかなぁ…。BSでよく見かける音楽DVD宣伝番組「音楽のある風景」での、マラ5に被さる映像のような風景かも。などと言ってるうちにまた日は暮れて…。

Out of the Blue [PP-0553] [ポスター]

 最近ではイルカやクジラがあっちこっちでストランディングしてるらしいから、海辺に引っ越すとイルカに出会えるということか。しかしなぁ、ビーチングとかいうのだけは勘弁して欲しいかもな。

Ocean Palm [PH-0180] [ポスター]

 それにしてもこういった風景は実感が湧かないものである。こんな所で暮らすと、毎日躁状態にでもなるだろうか。泳げない人間がこんな所に行ったらば、それこそ何もすることが無くて鬱状態になりそうである。

Hawaiian Sunset [PH-0187] [ポスター]

 そうか、今になって気がついた。こんな夕暮れの海辺、日本海側にでも引っ越さない限り見れないってことか。関東圏ならまず無理ってことは間違いないわけだ。まぁ海に沈む夕日を見るために引っ越すわけでもないし関係ないのだが。

Palm Sunset [PP-30237] [ポスター]

 とかなんとか言ってるうちに、また日は暮れて…。

モツディブ ハット [ポスター]

 海の近くとは言っても、海ん中で暮らしたいわけではないし…。

パワー オブ ザ ウェーブ [ポスター]

 げげげ、海辺の暮らしは台風が来るとちと恐ろしいなぁ。まさか海岸から数メートルの家は選ばんとは思うが、内陸より風が強いのは間違いないだろうし…。やっぱやめようかな。

極地の愛 / 白熊 [ポスター]

 …。

モーレア島 [ポスター]

 なんだか、映画「南太平洋」にでも出てきそうな…。

ボラボラ [PH-0167] [ポスター]

 人間は住んでるんだろうか、この島。

サニーアイランド [ポスター]

 そしてまた日は暮れ、私ゃ途方に暮れるのだ。

パーフェクション [ポスター]

 天国みたいではないか。

 そう言えば…。最近天国の天ぷら食ってないなぁ。銀座天国のフロアマネージャーのオヤジ、元気なんだろうか。で、こういう無意味な記事もヤオイと言うのか?
posted at 2006/03/12 01:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑題雑想
この記事へのコメント
海が近い家って…海から風が吹く日は洗濯物や家の中が砂だらけ&潮だらけ…。布団干してもカラっとしない…色々弊害がありますよ〜。

台風が来た日には、雨なんだか?波なんだか?窓がベッタベッタだし。

イメージはいいけど、実際はどうなんだろうなぁ?
Posted by KaN at 2006年03月12日 21:27
>KaNさん、毎度です。
そう、それ、そうなんです、そこなんです。
なるべく考えないようにはしてたんですが、その不安は拭えないんですよねぇ。

実はワタクシ、幼少時代に湘南地域で暮らしていたんですよ。かつて、政治家吉田氏や作家山川氏がいらっしゃったという辺りだそうです。

しかし、私自身は残念ながらまったく覚えていないんです。家族が大磯時代の話をする時、どこか自分だけそこに居なかったような気持ちがあって、寂しいんですよね。

時間的には偽りであっても、私は(記憶としては初めてではあるけれど)死ぬまでにもう一度、その土地で暮らしてみたい気持ちはあるのです。

まるで記憶の欠損部分を補修塗り替えするように。
Posted by 映太郎 at 2006年03月13日 00:00
私は祖母の家が海の近くだったもんでねぇ〜夏休みなんか遊びに行くと、水着着てタタタ〜と行ける距離でしたが、案外行かないもんでした。(爆)

あとは慣れないと波の音が気になって寝付けないなんてこともあったり…。

最近だと叔母が台風の時は我が家に非難しに来たり…色々ありますね〜。

たぶん、生活してしまえばそんなモンで済んでしまうのかもしれませんね?
Posted by KaN at 2006年03月13日 21:52
>KaNさん、毎度です!
今が国道沿いなんで、音の問題は平気かと。いや、今よか静かかもな。

こんな記事を書いたら、テレビで「東京卒業」なんてコピーのCMが流れてました。マジで考える私。
Posted by 映太郎 at 2006年03月14日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14617758
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。