32年後の「国盗Re:物語」

2005年01月02日
NHKの平幹二郎版が懐かしい。
調べてみるともう32年も経っていた。

初めて見たあの大河ドラマも、10歳の私にはほとんど理解できなかった。ただ、デパートで見る実演販売のような“油売りの逸話”シーンだけが印象に残っている。

油の滴が、
 銅銭の穴を通るとか通らないとか…。

そんな逸話だった気がするが、よく覚えていない。

1973年NHK
大河ドラマ「国盗り物語」
原作・司馬遼太郎 脚本・大野靖子

斎藤道三=平幹二朗
織田信長=高橋英樹
明智光秀=近藤正臣
 
2005年1月2日、
もう一つの大河ドラマはすでに正月名物となっている。
 
テレビ東京新春ワイドドラマを、今まで一度もじっくりと見たことがなかった。時間が長すぎるのだ。

かつては6、7時間ほどだと思ったが、今年は10時間も放映するらしい。そんな覚悟はなかった。理由はそれだけではないが、今年もやはりこれっぽっちも期待していなかった。

2005年テレビ東京
開局40周年記念新春ワイド時代劇「国盗り物語」
原作・司馬遼太郎 脚本・宮川一郎 ・大石静
監督・井上泰治 ・森本浩史

斎藤道三=北大路欣也
織田信長=伊藤英明
明智光秀=渡部篤郎

高島礼子/菊川怜/鈴木杏樹/酒井法子/平田満/照英/宮川一朗太/岡田義徳/伊吹吾郎/和崎俊哉/遠野凪子/和泉ちぬ/左時枝/石川梨華(モーニング娘。)/倉田てつを/相島一之/原田大二郎/磯部勉/小野寺昭/杉本哲太/伊武雅刀/一色彩子/芹沢秀明/野村将希/二反田雅澄/前田耕陽/本田博太郎/千葉哲也/潮哲也/曽我廼屋文童/竹脇無我/古畑勝隆/田村亮/沢村一樹/丸山隆平(関ジャニ8)/平山広行/中村敦夫/津嘉山正種

なにげなく見た冒頭部分のナレーションを聞いて、状況は変わった。

ナレーション・津嘉山正種

覚悟を決めて、見てみるか…。
津嘉山正種氏がナレーションなら見てもよい。いや聞いてみたくなった。

渋く淡々と、そして若干冷たくも感じるほどの語り口調は、NHK教育のような再現VTRを、風格ある大河ドラマに錯覚させてくれる。

語り文句の最後の一言をゆっくりと読み締めるところは、NHK−FMのクロスオーバーイレブンを思い出させる。

たまらん…。
画面はいらないから、ナレーションだけを聞いていたいものだ。そうこう考えているうちに第二部も終わり第三部がはじまった。

御本家NHKの大河ドラマ「国盗り物語」の、再現新春ワイド的テレ東「国盗Re:物語」は、あと何時間続くのだろう。少々疲れてきた。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2005/01/02 18:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 放送批評
この記事へのコメント
おけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

国盗り、見ました。途中で2回ほど寝てしまったり、子供達の世話で見逃したりしつつ、最後まで見ました。それにしても、10時間は長い。
いくらお正月とはいえ、10時間はキツイ。

明日の大化の改新の見る気力がちょっと減りました。ビデオだな。
Posted by ままよ at 2005年01月03日 00:47
>ままよさん、おめでとうございます!
ドタバタギャーギャー騒ぐばかりのお笑い系が五月蝿く感じる時にはちょうど良いのですが、さすがに眠くなり途中でダウンしてしまいました。

え?
…明日は大化の改新?…まだ続くんですか?
お代官さま〜、どうかお許しを。
Posted by 映太郎 at 2005年01月03日 05:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

信長、渾身の建立、その名は安土城
Excerpt:   これぞまさに夢、幻の名城、その名は安土城。天正3年(1575)、長篠の戦いにより、戦国随一最強騎馬隊として栄華を誇った武田騎馬隊を、家康とともに滅ぼした信長は、返す刀で、越前一向宗を平定し、この世..
Weblog: KAORU BOMBAYE
Tracked: 2005-01-03 00:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。