巨人の星が巨人のOBになる日

2004年12月31日
それが単なる宣伝材料だとみえみえでも、巨人ファンとしては嬉しい。野球チーム巨人ではなく、星飛雄馬が所属していた巨人ファンとして。

≪『巨人の星』星飛雄馬を“OB”として名簿に!≫
巨人が往年の人気野球漫画『巨人の星』のエース、星飛雄馬を“OB”として名簿に掲載する夢プランがあることが30日、分かった。ファン開拓の一環として、…人気キャラを、球団として正式に認めようとの動き。
(2004/12/31/infoseek/サンケイスポーツ)

その“粋な計らい”には夢があって、太っ腹な感じでとてもいい。懐の深さは巨人ゆえに一味違う…なんて単純には評価したくないが…。

無粋で、単に“太腹”なだけのオーナーが君臨していた時代と、何かが変わっただろうか。いや変わったことを必死にアピールしているだけかも知れない…。

 −・−・−・−・−・−

全く関係ない“粋な計らい”を思い出した。
後に、幾つもの“粋な計らい”を生み出すきっかけとなった一つの“粋な計らい”。
 
この手のネタがお得意の「アンビリバボー」あたりで紹介されていたと思う。

アリゾナに住んでいた7歳の少年クリスは、

警察官になることが夢だった。

しかし彼は白血病と闘っていた。

少年の夢と病気を知った警察官は、

制服をプレゼントし名誉警察官に任命する。

彼は名誉警察官として宣誓し、

実際の取締りやヘリでの監視までを遂行する。

夢叶った5日後、クリスは天国へと旅立つ。

葬儀は名誉警察官として、警察により執り行われた。

この小さな“粋な計らい”がきっかけとなり、難病と闘う少年少女たちの夢を叶える“メイク・ア・ウィッシュ基金”が発足したという。

MAKE A WISH
メイク・ア・ウィッシュは子どもたちの夢をかなえるボランティア団体です
サイト⇒リンク

内容はほとんど関係なかった。
自分で打った“粋な計らい”というログから思い出しただけである。

ただ、決まりきった規則や組織なんてものでさえ、時に小さな夢や粋な思いつきだけで動かせるという意味では、全く無関係には思えない。

 −・−・−・−・−・−

話はやっと戻るが、
来期の巨人軍には本当に星選手が登場するらしい。ニュースを見かけた私は、“背番号16:ピッチャー星”を思い浮かべてしまったが、投手ではなかった。

≪星 テーマソングは「巨人の星」≫
巨人がドラフト6巡目で指名した東北学院大・星孝典捕手(22)が4日、仙台市内のホテルで入団交渉を行い、契約金6500万円、年俸720万円で仮契約。
(Yahoo/スポーツ報知/2004/12/05/08:01)

キャッチャーだった。それに、たしか背番号16も欠番ゆえ実現はしない。がっかりしたものの、こればかりはしかたがない。

ところでこの星孝典選手、
アニメ「巨人の星」を見ていただろうか。

世代的にはありえない。40を越した私でさえ、本放送をリアルタイムでは見ていない。脳裏に焼き付いているのは、学校から帰った頃を見計らってブラウン管に映る再放送だった。

その再放送さえ、何かの事件をきっかけに見られなくなった。最近になってやっと深夜での再放送が見受けられるものの、どこかコソコソとしている。まだ完全には復権していないらしい。

 −・−・−・−・−・−

「巨人に入るのが夢でした…」

いつの頃からか、そんな選手が減ってきた気がする。巨人ファンの自意識過剰とは承知しているが、“巨人大鵬卵焼き”という言葉が死語となりつつあるのは事実だろう。

日本中に巨人ファンが多いのは、いや多かったのは、日テレ系列の巨人戦中継網が最大の原因だろう。しかし、アニメ「巨人の星」が巨人人気の一翼を担っていたのも否定できない。

巨人軍の粋な計らいも嬉しいがどうせなら日テレも、アニメ「巨人の星」完全名誉回復なんてことをしてもいいのでは。「新新巨人の星」ではなく、「元祖巨人の星」完全リマスター版放送なんてことが実現すれば嬉しさも桁違いである。

“昭和レトロ”ブームにも微妙に重なるだろうし、なんと言っても巨人軍再生の小さなきっかけくらいにはなるはずだ。

“憧れの種”蒔き

視聴率は見てはいられないほど低迷している。そんな計らいも時には必要だろう。憧れの種を何年か蒔いてみて、10年程待ってみればよい。そのうち巨人戦の視聴率も上がるかも知れない。

実際巨人戦を放映するより、その時間枠で「巨人の星」を再放送する方が視聴率もよさそうに思える。そんな想いは私だけだろうか。

日テレ「ジャイアンツナイター」もすでにほとんど“死に体”だろう。そのぐらい“大胆な計らい”を試みたって、もう失うモノはないはずだ。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2004/12/31 17:13 | Comment(4) | TrackBack(5) | 報道批評
この記事へのコメント
始めまして。

私も管理人さんと同じくらいの年齢で「巨人の星」を再放送で見たクチです。

・・・巨人ファンにはならなかったんですが。

「巨人の星」、この頃再放送されなくなったのは未確認情報なんですが、「放送コードに引っかかる言葉があるから」なのだという噂が。

なんでしょうねえ・・・。

今回の巨人さんの考え、巨人ファンではないが拍手したい気持ちです。
Posted by 安保 仁 at 2005年01月09日 21:07
>安保 仁さん、こんばんわ!
再放送がいきなり消えたのはかなり以前の話ですが、最初のきっかけは原作者の何かの事件だったと思います。

たしか梶原氏が何かの事件を起こしてしまったのが、一番の理由ではないかと思います。

放送禁止用語で思い当たるのは、高校入試の面接の際に父親の職業を尋ねられるシーンですね。

「父ちゃんは日本一の日雇い人夫です!」

ちなみにその台詞は、再放送時にすでに音だけ削除されていた記憶があります。
「父ちゃんは日本一の…(無音)…です!」となってました。

そういえば、巨人の本当の星選手は、ちゃぶ台持参で入寮したとか…。

こりゃ巨人軍も本気のようですな。
Posted by 映太郎 at 2005年01月09日 23:39
>梶原氏が何かの事件を起こしてしまったのが、一番の理由ではないかと思います。

ああ、それもありましたね。

しかし今でも結構あの人の残した作品群は輝きを残していると思います。
Posted by 安保 仁 at 2005年01月10日 00:42
私には「巨人の星」以外の梶原作品が浮かびませんが、結果として漫画という手法だったというだけで、ある意味価値ある文学作品だと思います。
Posted by 映太郎 at 2005年01月10日 11:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1443512

そこまでするか? 巨人が星飛雄馬をOB認定〜
Excerpt: 巨人が、来年の公式戦成績のOBの項目に、巨人の星の主人公の成績を載せるというプランが上がってるそうですよ。
Weblog: 猫暇ぶろぐ
Tracked: 2004-12-31 18:20

星飛雄馬が巨人OBに??
Excerpt: 巨人のOBに、「星飛雄馬」を認定する動きがあるそうだ。 巨人的には大マジで、作者の許しを得れば実現しそうだ。 こういうのすごい好きだ。是非実現して欲しい。 ちなみに、 星飛雄馬の通算成績(..
Weblog: TWINKLE FLASH BEATS
Tracked: 2005-01-01 02:59

星飛雄馬 巨人のOBに認定?
Excerpt:  巨人が『巨人の星』のエース、星飛雄馬を“OB”として名簿に掲載するプランがあるそうだ。[サンスポ]
Weblog: ざわ と〜く
Tracked: 2005-01-01 04:17

野球ネタ初め
Excerpt: 野球を愛する皆様,あけましておめでとうございます。2005年,いろいろ楽しみですね。 さて,伝統の2球団が早速ネタを提供してくれている。 虎の4番の座はやはり金本!岡田監督、来季構想迷いなし ..
Weblog: よく考えるぎょるいのひとver.3.07
Tracked: 2005-01-01 20:13

ジャイアンツ・ビジター用の新ユニフォーム
Excerpt: 良いんじゃないかなあ。 レトロな雰囲気も醸し出して。 ヤンキース風味なのは「我々が日本のヤンキースに」という意気込みなのかな?
Weblog: 冒険少年ぶろぐ・すぽーつ館
Tracked: 2005-01-10 00:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。