岸信介と勃起の関係

2004年08月14日
“昭和の妖怪”

まじめな歴史番組は、
政界の有名人物をそう紹介していた。

岸信介の真実
〜「昭和の妖怪」と呼ばれた男〜
番組は、日本のグランドデザインを築いたと言われる政治家岸信介の光と闇を紹介する。
(2004/08/14/フジTV)

英語が得意だった彼も、の発音は苦手だったらしい。

それを自覚してかそれともトボケテなのか、彼はアイゼンハワー大統領との会談中、何気無い質問をする。
 
岸信介首相とアイゼンハワー大統領
日米首脳会談の会話

岸信介「Mr.Eisenhower,When do you have EれCTION?」
    (大統領、選挙はいつですか?)
大統領「…Mostly in the morning.」
    (…毎朝ですな)

大統領は笑って答えたという。

ちょっと粋な英語の先生なら、授業中に一度は紹介する下ネタだろう。

eLection(n)--選挙、選任
eRection(n)--直立、建立、設立、建物、勃起

「I LOVE YOU!」だって、発音次第では時に誤解を招くかも知れない。

 −・−・−・−・−・−

そう言えば、
父もアメリカ出張から帰ると、よく自慢していた。

「How many do you want ?」
 …と、何かの数を尋ねられると
「Sex!」
 …と答え、アメリカ人をよく笑わせたらしい。

番組はまじめに紹介していたが、妖怪と呼ばれた人ならばこれくらい使い分けていたのだろう。場を和ませる手段として、ジョークが最も手軽で最も有効だということを知っていたはずである。

 −・−・−・−・−・−

ところで、
先日の「トリビア」でも、やはり選挙とEれCTIONのネタを紹介していた。

政治家が

出勤前の有権者にする演説の名は…

朝立ち

どうも選挙には欠かせないモノらしい…。
2004/08/14…by映太郎

この記事は、
YahooGeoCities版★映太郎の映像批評★
2004/08/14/Log-no0055
≪岸信介 勃起の真実≫より移植
posted at 2004/08/14 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1408812
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。