町長選挙―奥田英朗著

2009年12月16日
 12月16日、こんな本を読んだ。

町長選挙―奥田英朗著/文藝春秋―文春文庫 
  町長選挙

 奥田英朗著
 文藝春秋―文春文庫
 ・オーナー
 ・アンポンマン
 ・カリスマ稼業
 ・町長選挙 

 町営の診療所しかない都下の離れ小島に赴任することになった、トンデモ精神科医の伊良部。そこは住民の勢力を二分する町長選挙の真っ最中で、なんとか伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの攻勢に、さすがの伊良部も圧倒されて……なんと引きこもりに!? 泣く子も黙る伊良部の暴走が止まらない、絶好調シリーズ第3弾!(裏表紙紹介)


 やっぱオモRO杉、byアンポンマン。
 


 そういえば、フジテレビだかではアニメ版が放送されていたが、どうもあの伊良部の声がしっくりこない。私の中では、電気グルーヴのあの方、東京ガスのCMの信長さんを演じているあの方、ピエール瀧氏が声もイメージも担当してくれている。もはや彼のイメージがすっかり定着していまい、映画もあるらしいと耳にしても、どうも観る気にならない。

 それにしても、あそこまで実在の人物を題材にしていることを、あれほどに前面に出していいものかと少々不安になる。あれだけ細かく書いておきながら、名前を一文字か二文字すり替えたところで、何の意味があるのだろうかと思えてしまう。だからこそ面白いのだとは思うけど…。

 まぁ各題材それぞれに、ラストにはいい持ち上げ方もするとはいえ、モチーフとなる人物の表現は一作目二作目と比較にならないほど細かく現実的になっていくし、本当に大丈夫なんだろうか。読●新聞が直木賞受賞をどう報道したのかが今になって知りたくなる。

 三作目まで読み終えてしまったが、このシリーズ、まだ続くんだろか。題材となりそうな方々はまだまだメディアにたくさんいるだろうけど…。

200912160353
posted at 2009/12/16 03:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/135818926
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。