エリナミルルミナリエ

2004年12月14日
ルミナリエ…シャッフルするとえなりルミ
えなり君って、姉か妹でもいたっけか?

もっとシャッフルしてみると、なにやら沢山女性の名前が出てくるし…。
ルミ、ミナ、リエ、エリ、ナミ、エミ、ミエ、ナミエ、ミナエ、ナルミ、エリナ…。

「えなり見るルミナリエ!…なんてね^^」
ルミナリエ、りえ見るな!…うっそー^^」
「エリナ見るルミナリエ!…逆から言ってみな!」

こんな洒落を使って彼女を笑わせる彼氏も居るかも知れない。
いるわけ無い?…有り得ねぇか。失礼。

500万人もの人が見るなら、一人ぐらいそんな彼氏が居そうである。
 
港町包む光のオブジェ開幕 神戸ルミナリエ

阪神大震災の犠牲者を追悼し、被災地の復興を願う光のイベント「神戸ルミナリエ」が13日、神戸市中央区の旧外国人居留地などで開幕…

ルミナリエは26日まで。会期中に約500万人の来場が見込まれている。(2004/12/13/18:36/YahooNews/共同通信)

そういえばかつて、東京の丸の内でも開催されていたが見る機会はなかった。正確な表現をするなら、見に行く気になれなかった。私は人ゴミが苦手なのだ。

 −・−・−・−・−・−

ところでルミナリエって言葉、一体どんな意味なのだろうか。宣伝文句ではない、客観的な説明を求めて調べてみた。

Hatena::Diary はてなダイアリー
サイト⇒リンク

神戸ルミナリエ。神戸・元町の旧居留地から…

1995年1月17日午前5時46分発生の阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂の想いや街の復興・再生の願いを込めて…

luminarieはもともとイタリア語でイルミネーションの意味。
ルミナリエの説明⇒リンク

ふむ、納得、…納豆食う?。

それにしても改めて思い起こした。
ルミナリエがあの1995年に始まっていたのか。
そう思って聞いてみるとニュースでも言っているが、毎回映像に気を取られてあまり気にしていなかった。

夏の風物詩である花火にしても、元はお盆の迎え火送り火と言える。火、ろうそくの灯火、その他様々な灯りの類や色々な風景が浮かんでくる。

ジョン・レノンを偲びロウソクの灯りを持ち寄る人々。ダイアナ妃を偲びキャンドルを手にする人々。事故の犠牲者の数だけ灯りを並べ、その忘れてならない数字をその地に記す人々。一瞬にして倒壊し跡形も無く消え去った二本のビル、その形のサーチライトの光跡を空に放つ人々。

人は太古の昔から、その想いを数々の灯火の揺らぎの中に込めていたのかも知れない。
いやその込められた想いで揺らいでいるのかも知れない。

神戸まで行けない私は公式サイトで試してみよう。
目を凝らして見れば、その瞬くはずの無い明かりが、微かに揺らいでいるかも知れない。

神戸ルミナリエ組織委員会
 オフィシャルホームページ
夢灯す、光の彫刻 KOBEルミナリエ

「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、…。

サイト⇒リンク

鎮魂…魂を鎮める。
ルミナリエはまさしく鎮魂火だった。

ルミナリエはレクイエム。
シャッフルしたわけではない。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2004/12/14 20:21 | Comment(7) | TrackBack(1) | 備忘雑録
この記事へのコメント
どこかで見たような枕です・・・・(^◇^)
Posted by ミッキー at 2004年12月14日 20:43
あはは…ばれたか…。
ミッキーさん、ど〜もデス!

好きな枕というモノ、
手離せないですからねぇ。

まぁ、
ネタ元はミッキーさんとこに私自身が書いたコメントなのだし、書いた本人が使ってるんですからいいじゃないですかぁ。ダメですかぁ?

どこかのブログサーバーみたいに、ブロガーの記事の著作権放棄させてまとめて管理するなんてこと、ミッキーさんはしないですよねぇ。
Posted by 映太郎 at 2004年12月14日 21:01
こんばんは。

ルミナリエは鎮魂の意味があるので、観光に行く!という気にはなれず、いつもテレビでの点灯の模様を見て、思い出す…みたいな感じです。(直接震災に関わった訳ではないですが、犠牲者の数には痛む気持ちがあります)

そう、これを真似して?ミレナリオでしたっけ?丸の内の…。これはそれ見たことか?居直り…居眠り…。どうにもまとまりませんが、これにて!(笑)

Posted by KAN at 2004年12月14日 23:00
>KANさん、こんばんわ!
点灯式のような儀式があるのでしょうか、ちょっとそれは見てみたいかも…。

それよか、
丸の内ではもう見られそうもありませんが、来年から新潟でも開催なんて動きも起こりそうですねぇ。

だとしたら、
名前はどんなものになるでしょうか?
イタリア語ウェブ辞典で調べてみましたが。

やはり雪国ですから、雪室:かまくらを意味するneviera“ネヴィエーラ”とか、それとも雪上開催でそのまんま“ユキアカリ”(雪明り)とか。

…なんて、形から入る人間はまず名前考えてます。
Posted by 映太郎 at 2004年12月14日 23:28
私は寛容な男ですから・・・大丈夫です。
ピザでもご馳走してくださいませ。
Posted by ミッキー at 2004年12月15日 00:07
>ミッキーさん、マイドデス!
ルミナリエで…
 ピザデスカ…
  ソリャムリナ…

考えておきます。
どうやってゴチするか…
Posted by 映太郎 at 2004年12月15日 00:17
東京でもまだやってたとは…。

東京版シラナンダ
2004年12月24日(金)〜2005年1月1日(土祝)

でも、
そろそろ終らしいですなぁ。
一度くらいは見ておくか…。

ミレナリオもミオサメカ…失礼。
Posted by 映太郎 at 2004年12月15日 04:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

2004年11月のバス探訪会の報告
Excerpt: 2004年11月のバス探訪会の報告です 探訪会報告  鳥羽伏見を訪ねて  午前8時半、三宮出発。  参加者は四十三名、天気は快晴とは言えませんが、程ほどの観光日和です。  先ず会長による本日の旅行の..
Weblog: 兵庫歴史研究会のご案内
Tracked: 2004-12-17 10:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。